腸間膜静脈硬化症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特発性腸間膜静脈硬化症 idiopatic mesenteric phlebosclerosis 内視鏡像(上行結腸)。典型的には上行結腸が暗色調を呈する。
特発性腸間膜静脈硬化症 idiopatic mesenteric phlebosclerosis Elastica-Masson-Trichrome。

腸間膜静脈硬化症(ちょうかんまくじょうみゃくこうかしょう, 静脈硬化性大腸炎とも)は、腸間膜静脈の線維性肥厚・石灰化によって起こる虚血性消化管疾患である[1]

原因[編集]

漢方薬の原料のひとつ、山梔子(さんしし)を服用していた症例が多く報告されている[2]。山梔子に含まれるゲニポシド回盲部、特に盲腸で腸内細菌のβ-グルコシダーゼにより加水分解されてゲニピンとなり、これがアミノ酸タンパク質などと反応すると青色を呈する[3]。これが大腸の着色、および腸間膜静脈の線維化・石灰化を起こすと考えられている。

病理[編集]

組織病理所見としては

  1. 静脈壁の著明な線維性肥厚と石灰化
  2. 粘膜下層の高度な線維化と粘膜固有層の著明な膠原繊維の血管周囲性沈着
  3. 粘膜下層の小血管壁への泡沫細胞の出現
  4. 随伴動脈壁の肥厚と石灰化
  5. 血栓形成はない

などの所見がみられる[4]

血管周囲に沈着した膠原繊維は硝子変性を伴うため、Hematoxylin-Eosin染色(H-E染色)でアミロイド沈着に類似した像を呈するが、Congo-red染色やMasson trichrome染色、DFS染色で鑑別可能となる。

歴史[編集]

1993年、虚血性消化管疾患として独立した疾患であることが明らかとされた。[5]

疫学[編集]

2012年10月までの症例報告は台湾人8人、香港人1人を除くとすべて日本人に限られている。[6]

脚注[編集]

  1. ^ 大津健聖ほか. 漢方薬内服により発症した腸間膜静脈硬化症の臨床経過. 日消誌 2014; 111: 61-68.
  2. ^ 吉井新二ら. 漢方薬の長期服用歴を認めた腸間膜静脈硬化症の4例. 日本大腸肛門病学会雑誌 2010; 63: 389-395
  3. ^ 井上博之: 梔子の科学, 現代東洋医 1983;4:48-54.
  4. ^ Iwashita A, et al. Dis Colon Rectum 46 ; 209-220 : 2003
  5. ^ 岩下明徳 他: 原因別にみた虚血性腸病変の病理形態. 胃と腸 1993;28: 927-941.
  6. ^ 内藤裕史, 腸間膜静脈硬化症と漢方生薬・山梔子との関係. 日医雑誌 142(3): 585-591, 2013.