脊髄空洞症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
脊髄空洞症
Syringomyelia.jpg
脊髄空洞症のMRI
分類および外部参照情報
ICD-10 G95.0, Q06.4
ICD-9-CM 336.0 742.53
OMIM 272480 186700
DiseasesDB 12769
MedlinePlus 001398
eMedicine neuro/359
MeSH D013595

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)とは、脊髄の中に液体のたまった空洞ができることによる、脊髄の機能障害のことである。

脳脊髄液の貯留した空洞が脊髄を内側から圧迫するため、様々な神経症状や全身症状をきたす。

原因は不明である。空洞は主に脊髄灰白質に発生し、徐々に周囲に拡大していく。


分類[編集]

キアリ奇形によるもの[編集]

この奇形により脊髄に空洞ができる成因は不明である。

癒着性くも膜炎によるもの[編集]

脳脊髄液通過部位が、炎症等で閉塞することによる。

脊髄腫瘍によるもの[編集]

脊髄出血後のもの[編集]

症状[編集]

  • 腕や手の痛みやけいれん・麻痺
  • 一側上肢の脱力

初期に大多数が片側性の宙吊型温痛覚障害を呈する。一側上肢の脱力と共に徐々に筋萎縮が進行する。この際、患側上肢の温痛覚低下を伴うことが多い。

診断[編集]

脊髄MRIで診断可能である。 脊髄空洞症を認めた場合、その原因を確認する必要がある。すなわち頭蓋頸椎移行部において小脳扁桃の下垂が無いかどうか。小脳扁桃が下垂していればキアリ奇形の診断となる。また空洞の中に腫瘤が形成されていないか。腫瘤が認められれば、上位腫や血管芽腫などの脊髄腫瘍の存在を疑い造影MRI検査も追加すべきだろう。

治療法[編集]

  • キアリ奇形が原因のものであれば、大後頭孔減圧術が第一選択となる。
  • キアリ奇形が原因であっても大後頭孔減圧術が無効な症例では空洞-くも膜下腔シャント術(syrinx-subarachnoid shunt; S-S shunt)を考慮する。
  • 外傷や感染後の癒着性くも膜炎が原因の場合は、癒着の範囲が広くなければ癒着剥離術や空洞-くも膜下腔シャント術を考慮する。
  • 一般的に癒着性くも膜炎が原因の脊髄空洞症は難治であることが多い。
  • 外科的手術の適応が乏しいと判断される場合は、しびれや痛みに対する内服薬などの対症療法が選択されることが多い。

関連項目[編集]