脇田寿雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脇田 寿雄(わきたとしお、1965年2月19日-)は、日本ボブスレー選手。カルガリーオリンピックアルベールビルオリンピックリレハンメルオリンピック長野オリンピックの日本代表選手。和歌山県西牟婁郡上富田町出身。176cm、85kg[1](長野五輪時)。現在は東京都大田区在住[2]。2014年からは早稲田大学大学院修士課程エリートコーチングコースに在籍する[3]

経歴[編集]

国士舘大学の出身。高校時代は陸上競技円盤投げ)の選手でインターハイに出場。特待生として国士舘大学に入学した。大学3年の時、陸上競技部監督の青山利春により、ボブスレーへの転向を奨められた。ボブスレー競技では、2人乗り、4人乗りのどちらもこなし、主にパイロット、ブレーカーを担当[4]

成績[編集]

1988年カルガリーオリンピック
1992年アルベールビルオリンピック
  • 2人乗り - 19位(4分6秒86、山崎良次、脇田)
  • 4人乗り - 17位(3分57秒24、竹脇直巳、対馬文紀、山崎良次、脇田)
1994年リレハンメルオリンピック
  • 2人乗り - 19位(3分34秒10、大堀孝、脇田)
1998年長野オリンピック

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 長野オリンピック1998 脇田寿雄(ボブスレー)プロフィール -JOC[1]
  2. ^ 一般社団法人大森工場協会YMクラブ[2]
  3. ^ 所沢総合事務センター連絡Webページ 早稲田大学[3]
  4. ^ 第22回 脇田寿雄さんインタビュー NPO法人日本オリンピアズ協会[4]