股関節の骨折

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
股関節の骨折
Cdm hip fracture 343.jpg
X線写真。青い矢印の部分に骨折が見られる。
症候学 臀部の痛み、脚の短縮[1]
原因 転倒、落下事故、交通事故など[2][3]
リスクファクター 骨粗鬆症多剤併用、飲酒習慣、がんの骨転移[1][2]
診断法 X線撮影MRICT、骨シンチグラフィー[3][1]
鑑別 変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、大腿ヘルニア、大転子滑液包炎など[3]
予防 転倒や落下事故の防止対策、運動、骨粗鬆症の治療[2]
使用する医薬品 鎮痛薬投与、神経ブロック[2]
治療 手術[2]

股関節の骨折(こかんせつのこっせつ)とは、何らかの原因で大腿骨の上端部分が骨折した状態のことである[1]。症状は腰の痛み、特に脚を曲げたり動かしたりした時に生じる[1]。通常、股関節を骨折した場合は歩くことができない[3]

原因と診断[編集]

この骨折の最も多く挙げられる原因は転倒によるものである[3]。リスク要因には骨粗鬆症[注釈 1]多数の医薬品の服用、飲酒習慣、転移性癌が挙げられる[1][2]。診断には通常、X線が使われる[1]。しかし、磁気共鳴画像法CTスキャン骨シンチグラフィーなどが診断に必要になることもある[3][1]

予防と処置[編集]

痛みの緩和にオピオイド神経ブロック薬が使用されることがある[2]。一般的に患者の健康状態が充分な場合は骨折から2日以内の手術が勧められる[1][2]。手術には人工股関節全置換術またはネジで固定する方法がある[1]。手術後は深部静脈血栓症の予防をすることが勧められる[2]

疫学と予後[編集]

股関節の骨折は男性より女性に多く診られ、女性のリスクは男性の約3倍とも言われる[2]。股関節の骨折は年齢が上がるにつれ起こりやすい[2]。高齢者の場合、股関節骨折の翌年に死亡する確率は約20%である[3][2]

注釈[編集]

  1. ^ 骨粗鬆症のリスクを上げる喫煙習慣もリスク要因である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Hip Fractures”. OrthoInfo - AAOS (2009年4月). 2017年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Ferri, Fred F. (2017) (英語). Ferri's Clinical Advisor 2018 E-Book: 5 Books in 1. Elsevier Health Sciences. p. 615. ISBN 9780323529570. オリジナルの13 October 2017時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=wGclDwAAQBAJ&pg=PA615. 
  3. ^ a b c d e f g Brunner, LC; Eshilian-Oates, L; Kuo, TY (1 February 2003). “Hip fractures in adults.”. American Family Physician 67 (3): 537–42. PMID 12588076.