聴覚ディスプレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聴覚ディスプレイ (ちょうかくディスプレイ)は、を使用したコンピュータからユーザーへの情報伝達手段である[1]

この技術開発の主要なフォーラムは、International Community for Auditory Display (ICAD) である。

聴覚ディスプレイの種類[編集]

利点と欠点[編集]

聴覚ディスプレイは、目の不自由なユーザーが視覚に頼らずに(スクリーンリーダーを通じて)使用することを可能にする。また、そうではないユーザーでも、視覚を他のタスクに向けているときに聴覚ディスプレイの情報伝達が役に立つ。音響信号は迅速に知覚することができ、視覚と異なり聴覚は全方位からの音も聞き取れることが、聴覚ディスプレイの有効性に貢献している。

反対に、音の出力は音声通信などの他の音響信号の妨げになりうる。このことは聴覚ディスプレイを特定の領域で使用することを難しくしている。さらに、音響出力は耳障りになったり気を散らすことがある[2]

脚注[編集]

  1. ^ McGookin, David K.; Brewster, Stephen A. (October 2004), “Understanding concurrent earcons: Applying auditory scene analysis principles to concurrent earcon recognition”, ACM Trans. Appl. Percept. 1 (2): 1544–3558, doi:10.1145/1024083.1024087, http://doi.acm.org/10.1145/1024083.1024087 2011年10月26日閲覧。 
  2. ^ Kramer, Gregory, ed (1994). Auditory Display: Sonification, Audification, and Auditory Interfaces. Santa Fe Institute Studies in the Sciences of Complexity. Proceedings Volume XVIII. Reading, MA: Addison-Wesley. ISBN 0-201-62603-9