His Holiness

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖下から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

英語: "His Holiness" あるいはその変形である "Your Holiness" は、最高宗教指導者を表す尊称で敬称の形式である。この尊称は特に、 ローマ教皇東方諸教会総主教ダライ・ラマに言及する際に用いられる。

対面して話す際には、尊称の "His" を "Your" に変更して、"Your Holiness" とする。

元々はキリスト教教皇の尊称であったが、キリスト教以外の宗教でも用いられる。

キリスト教[編集]

"His Holiness"(ラテン語: Sua Sanctitas)は公式には ローマ・カトリック教皇東方諸教会総主教に対して用いられ、「聖下」と訳される。正教会においては、 コンスタンディヌーポリ全地総主教は "His All-Holiness" の称号を持つ("HAH"と略される)。

2013年の2月、 ローマ法王庁は、教皇ベネディクト16世が法王を退位し名誉法王となっても "His Holiness" の尊称を持つと発表した。

"His/Her Highness" と混同するおそれがなければ、しばしば "HH" ないし "H.H." と略される。直接対面する時の敬称は "Your Holiness" となる。

その他の宗教[編集]

英語の敬語 "His Holiness" と、女性形の "Her Holiness" は、慣習的に仏教[1](例えばダライ・ラマカルマパH.H.ドルジェチャン仏第三世[2]、ブータンのジェ・ケンポ)、神道[3] 、イスラームのアフマディーヤではカリフに、イスラーム教シーア派イスマイール派Dawoodi Bohra分派ではDa'i Al-Mutlaq, Syednaの事務所で用いられている。仏教においては、「猊下」と訳される。

また、ヒンドゥー教の クリシュナ意識国際協会などの一部新興宗教運動でも用いられている。

参考文献[編集]