名誉教皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名誉教皇(めいよきょうこう、イタリア語: Papa emerito: Pope emeritus)とは、カトリック教会栄誉称号であり、退位したローマ教皇尊号日本語である[1]日本政府および報道においては一部を除き名誉法王と翻訳されることが一般的である。敬称は聖下[2]2013年2月28日に退位した265代ローマ教皇ベネディクト16世称号として用いられる[3][4][5][6]

名誉教皇とは[編集]

前例なき名誉教皇の称号[編集]

名誉教皇とは、第265代ベネディクト16世の退位後の尊称として定められた称号である。そもそも、ローマ教皇とはカトリック教会における最高指導者であり、「天国の鍵」を授けられた聖ペトロ以来[7]、歴代教皇はその後継者として「イエス・キリストの代理人」と定められ[8]、その地位は事実上の終身制であった。教皇の退位については教会法第332条第2項に規定があるものの[注釈 1][9][10]、退位した教皇の呼称やプロトコルについては何ら規定がなかった。そのため、教会法第402条第1項によって教区長を退職した司教に「名誉司教」の称号が与えられることに倣い、「名誉教皇」の称号が新設されたのである[注釈 2][11]

なお、名誉教皇・名誉司教というように、日本語訳では「名誉」と訳されているが、各言語表記における語源となっているラテン語: emeritus(形容詞)には「名誉」という意味は無く、「引退した」という語義である[12][13]

名誉教皇の称号発表とプロトコルおよびその処遇について[編集]

ベネディクト16世の退位後の称号を「名誉教皇」とすることは、退位を目前に控えた2013年2月26日、教皇庁広報局長でイエズス会司祭のフェデリコ・ロンバルディから発表された。退位の後は教皇の装束である赤い靴や、伝統的な白いスータン、肩にかける白いケープの使用を止め、指輪も教皇位の主な象徴の一つである「漁夫の指輪」から枢機卿時代に使用していた「司教の指輪」に改めるものの[1]、敬称については従前の「聖下」を用いることとされた[2]。また、住まいについてはローマの南カステル・ガンドルフォの別荘で短い祈りと省察の時を過ごした後、バチカン市内の修道院に移ることとなった[14]。カステル・ガンドルフォに滞在した後は、3月中まで改修中だったバチカン内の「マーテルエクレジエ(教会の母)修道院」に移り、バチカンから派遣された母国ドイツ出身の秘書と4人の女性職員が身の回りの世話をすることが発表された。退位後については純白の聖職者用の衣服こそ着用するものの、教皇時代の職務からは完全に解放されるが、ベネディクト16世はその後の人生について執筆と研究、祈りに捧げるとの意向を示している[6][15][16]

600年ぶりの教皇の退位と名誉教皇誕生の影響[編集]

なお、2013年にベネディクト16世が生前退位したことは約600年ぶりのことであり[17]、存命中の教皇が退位したのは1415年アヴィニョン対立教皇ベネディクトゥス13世が擁立されるなど教会大分裂の事態に陥った際、分裂解消を図るべく退位を迫られた第205代教皇グレゴリウス12世以来、自ら進んで退位するのは1294年に退位した192代教皇ケレスティヌス5世以来のことであった。ローマ教皇庁立ラテラノ大学英語版教授フィリップ・シェノーは、教皇位が長らく終身制であったことは「長期間、教皇を神聖化してきた結果」だと指摘している。それだけにシェノーはベネディクト16世の退位を「勇気ある決断」と評価。ベネディクト16世以後の教皇も存命中に退位することが慣習化する可能性について言及している[6]

過去、自ら進んで退位したケレスティヌス5世は在位中、後任となる第193代教皇ボニファティウス8世に退位を打ち明けるなど信頼を見せたものの、ボニファティウス8世は反対派の謀反を恐れるあまり、ケレスティヌス5世をフェレンティーノに近い(現在のラツィオ州フロジノーネ県に所在する)フモーネ城牢獄幽閉するフモーネ幽閉という事件も起きている[18][19]

2013年のベネディクト16世の退位はカトリック教会全体に衝撃を与え、前教皇の言動が新教皇の障害になりかねないとの懸念も一部から漏れた[6]。ベネディクト16世は退位当日、枢機卿団に対して新教皇への「無条件の服従と崇敬」を誓ったが、その在位中は保守派を重用し、リベラル派は阻害されてきたという。新教皇の選挙資格を持つ枢機卿の過半数の67人がベネディクト16世により任命されているだけに、無記名選挙とはいえども、16世の意に反する人物は選びにくいという空気があったとされる。教皇庁は退位後もベネディクト16世から新教皇への「助言」はありえるとするものの[4]、「介入」はありえないと述べている[6]。しかし、次期教皇の選出には一連の事情も絡み、従来教皇の主たる輩出地だった欧州以外の地域からの選出も囁かれ、存命の名誉教皇がいるという異例のコンクラーヴェとなった[20]3月12日、コンクラーヴェが行われ、翌13日に5回目の投票で第266代教皇にはアルゼンチン出身のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(教皇フランシスコ)が選出され、同月19日に即位。初の欧州以外の地域から選出された教皇であり、初の南米出身の教皇が誕生した[21]

教皇フランシスコと名誉教皇との会談とその後[編集]

一方、退位したベネディクト16世は一時的な離宮としていたカステル・ガンドルフォの別荘に滞在していたが[22]、同月23日に、フランシスコがベネディクト16世の訪問を受け、2人で共に礼拝所に入り、短い祈りを捧げた後、45分ほど会談した。フランシスコからは「私たちは兄弟です」と語りかけたとされるが会談の内容は明らかにされていない[18][23]。6月には2010年に刊行したイエス論に関する著書の日本語訳本を名誉教皇ベネデイクト16世ヨゼフ・ラツィンガーの名で刊行している[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

教会法

  1. ^ 第332条第2項 ローマ教皇が辞任する場合には、辞任が自由になされ、かつ正しく表明されなければ有効とはならない。ただし、なんぴとかによる受理は必要でない。
  2. ^ 第402条第1項 司教は、退任が受理されたときは退任前の教区の名誉司教の称号を得、希望すれば同教区に居住することができる。ただし、特別な事情による特定の場合に、使徒座が別に措置を講じるときはこの限りでない。

出典[編集]

  1. ^ a b 「ベネディクト16世 称号は「名誉教皇」 「漁夫の指輪」は無効に」『カトリック新聞』2013年3月17日1頁参照。
  2. ^ a b 「(地球24時) ローマ法王、退位後は「名誉法王」に」『朝日新聞』2013年2月27日朝刊12頁参照。
  3. ^ 「ベネディクト16世、退位後「名誉法王」に」『産経新聞』2013年2月27日東京朝刊国際面参照。
  4. ^ a b 「ローマ法王庁 退位後の呼称は「名誉法王」(ダイジェスト」)」『日本経済新聞』2013年2月27日朝刊7頁参照。
  5. ^ 「ローマ法王:最後の一般謁見、信徒15万人 別れ」『毎日新聞』2013年2月28日東京朝刊9頁参照。
  6. ^ a b c d e 「ベネディクト16世 歴史的「名誉法王」 バチカン市内で隠居 慣習化の可能性」『読売新聞』2013年3月1日東京朝刊6頁参照。
  7. ^ カトリック中央協議会ウェブサイト 教皇ベネディクト十六世の54回目の一般謁見演説参照。
  8. ^ カトリック中央協議会ウェブサイト「教皇(きょうこう)」参照。
  9. ^ カトリック中央協議会「教皇辞任に関する教皇庁広報部の声明 」参照。
  10. ^ なお教会法第332条第2項の日本語訳については日本カトリック司教協議会教会行政法制委員会翻訳『カトリック新教会法典―羅和対訳』(有斐閣1992年)179頁などに掲載されている。
  11. ^ 日本カトリック司教協議会教会行政法制委員会前掲書(有斐閣、1992年) 219頁参照。
  12. ^ 「使徒継承の教会」を実感 糸永真一司教のカトリック時評
  13. ^ "Collins Latin Dictionary Plus Grammar" Latin-English 75, reprint 1999, ISBN 000472092X
  14. ^ 「使徒座空位 どうなる?教皇選挙までのバチカン」『カトリック新聞』2013年2月24日2頁などを参照。
  15. ^ 「【外伝コラム】イタリア便り 前法王の住まい」『産経新聞』2013年3月17日東京朝刊国際面参照。
  16. ^ 一連の退位の過程についてはベネディクト16世ベネディクト16世の退位及び 「使徒座空位 どうなる?教皇選挙までのバチカン」『カトリック新聞』2013年2月24日2頁、「ローマ法王 信者に別れ」『産経新聞』2013年2月28日東京朝刊国際面、「ローマ法王:ベネディクト16世退位、法王不在に スキャンダル後、立て直し急務」『毎日新聞』2013年3月1日東京朝刊9頁、「教皇辞任、使徒座空位に 「地上の旅路 最終段階」 素朴な巡礼者として」『カトリック新聞』2013年3月10日1頁などを参照。
  17. ^ 「教皇、2月末 辞任を表明」『カトリック新聞』2013年2月17日1頁参照。
  18. ^ a b 「ローマ法王:新旧法王が会談 「私たちは兄弟」 並んで祈り」『毎日新聞』2013年3月24日東京朝刊7頁参照。
  19. ^ P.G.マックスウェル・スチュアート 『ローマ教皇歴代誌』 高橋正男監修、月森左知・菅沼裕乃訳 (創元社1999年) 159頁~162頁参照。
  20. ^ 「法王選挙、来週前半にも、バチカン報道官 言及(ダイジェスト)」『日本経済新聞』2013年3月9日朝刊7頁、「バチカン再生:コンクラーベコンクラーベ、混戦模様 欧州以外出身者に焦点――12日から」『毎日新聞』2013年3月9日東京朝刊7頁参照。
  21. ^ 「新教皇 選出 フランシスコ アルゼンチンのベルゴリオ枢機卿 中南米出身で初めて」『カトリック新聞』2013年3月24日1頁、「新ローマ法王:就任式 首脳外交、活発に 他宗教の聖職者も参列」『毎日新聞』2013年3月20日東京朝刊8頁参照。
  22. ^ 「ファイル 前法王、離宮でくつろぐ」『毎日新聞』2013年3月20日東京夕刊2頁参照。
  23. ^ 「2人の教皇 会談」『カトリック新聞』2013年3月31日3頁、「新旧法王 歴史的ツーショット」『読売新聞』2013年3月24日東京朝刊7頁参照。なお、サンピエトロ広場のバチカン郵便局には新旧教皇の微笑む写真が販売されている。「買った!バチカン 新旧法王の記念封書セット」『読売新聞』2013年4月26日東京夕刊17頁参照。
  24. ^ 原書のタイトルはJoseph Ratzinger,Benedikt XⅤI:Jsus von Nazareth,Ⅱ Herder,2010。著書の日本語訳本刊行の経緯については、名誉教皇ベネディクト16世ヨゼフ・ラツィンガー著、里野泰昭翻訳『ナザレのイエスII: 十字架と復活』(春秋社、2013年) 371頁参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 日本カトリック司教協議会教会行政法制委員会翻訳『カトリック新教会法典―羅和対訳』(有斐閣、1992年) ISBN 4641002576
  • 名誉教皇ベネディクト16世ヨゼフ・ラツィンガー著、里野泰昭翻訳『ナザレのイエスII: 十字架と復活』(春秋社、2013年) ISBN 4393333160
  • P.G.マックスウェル・スチュアート著 『ローマ教皇歴代誌』 高橋正男(監修)、月森左知・菅沼裕乃訳(創元社、1999年) ISBN 4-422-21513-2

報道資料[編集]

  • 『朝日新聞』2013年2月27日朝刊
  • 『カトリック新聞』2013年2月17日
  • 『カトリック新聞』2013年2月24日
  • 『カトリック新聞』2013年3月3日
  • 『カトリック新聞』2013年3月10日
  • 『カトリック新聞』2013年3月17日
  • 『カトリック新聞』2013年3月24日
  • 『カトリック新聞』2013年3月31日
  • 『産経新聞』2013年2月27日東京朝刊
  • 『産経新聞』2013年2月28日東京朝刊
  • 『産経新聞』2013年3月17日東京朝刊
  • 『日本経済新聞』2013年2月27日朝刊
  • 『日本経済新聞』2013年3月9日朝刊
  • 『毎日新聞』2013年2月28日東京朝刊
  • 『毎日新聞』2013年3月1日東京朝刊
  • 『毎日新聞』2013年3月9日東京朝刊
  • 『毎日新聞』2013年3月20日東京夕刊
  • 『毎日新聞』2013年3月24日東京朝刊
  • 『読売新聞』2013年3月1日東京朝刊
  • 『読売新聞』2013年3月24日東京朝刊
  • 『読売新聞』2013年4月26日東京夕刊

外部リンク[編集]

関連項目[編集]