耐糖因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

耐糖因子(たいとういんし)はグルコース・トレランス・ファクター (glucose tolerance factor, GTF) とも呼ばれる。 GTFを構成する主な物質クロモデュリン(オリゴペプチドとクロムが結合したもの)がインスリン受容体に結合し、インスリンの刺激伝達に関与すると言われている。

GTFを多く含む食品は、ビール酵母、未精製の穀類エビキノコ類、レバーなど。