義天玄詔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
義天玄承から転送)
Jump to navigation Jump to search

義天玄詔(ぎてんげんしょう、明徳4年(1393年) - 寛正3年3月18日1462年4月17日))は、室町時代中期の臨済宗。俗姓は蘇我氏。諱は玄詔。初めの諱は玄承。字は義天。諡号は大慈慧光禅師。土佐国の出身。一説では、いの町波川出身。

18歳で義山明恩に師事して出家し、京都の建仁寺尾張国犬山の瑞泉寺で修行している。1428年正長元年)瑞泉寺の日峰宗舜から印可を受けた。その後は諸寺をめぐって参禅し、1450年宝徳2年)京都衣笠山の龍安寺を開創し、1453年享徳2年)には大徳寺に住した。