美濃隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

美濃隕石(みのいんせき)は1909年7月24日の午前5時44分頃、岐阜県の岐阜市、美濃市、関市、山県市のなどに落下した隕石雨である。南西から白煙をひく火球が目撃され、隕石の落下が目撃された。幅4km、長さ12kmの範囲の地域で29個の隕石が回収され、最大のものは4.04kg、トータルで14.29kgが回収された。L6に分類される普通コンドライトである。

各隕石には当時の藍見村極楽寺に落下したものが藍見号と呼ばれるなどAimi(藍見)、Atobe、Hachiman、Hiromi、Itumi、Iwa、Izumi、Taromaruなどの名前がつけられ、ロンドン自然史博物館の隕石カタログに登録されている。4.04kgの藍見号は国立科学博物館に展示されている。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 『隕石の見かた・調べかたがわかる本―藤井旭の天体観測入門』藤井旭 著(2010年)

外部リンク[編集]