緒方貴臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

緒方 貴臣(おがた たかおみ、1981年5月16日 - )は、日本映画監督

来歴・人物[編集]

福岡県福岡市出身。高校中退後、共同経営者として会社を設立。25歳で退社。海外を放浪の後、上京し映画学校へ行くが、学校の方針が合わずに3ヶ月で辞める。

2009年より独学で映画制作を始める。初監督作品『終わらない青』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010オフシアターコンペティション部門ノミネートをはじめ、いくつもの映画祭で受賞や上映をされる。同作で緒方は、「観終わった後に無力感、罪悪感、不快感が残るように心がけた。」と語っている[1]

社会問題を独自の視点と洞察力で鋭く切り取った作品を通して、世の中への問題提起を続けており、インタビューでは、元々ジャーナリストになりたかったと答えている[2]。3作目の『子宮に沈める』は、大阪2児餓死事件を基にした作品で、児童虐待のない社会を目指す「オレンジリボン運動」推薦映画となる。

監督・脚本作品[編集]

映画[編集]

2010年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010オフシアターコンペティション部門ノミネート
2010年沖縄映像祭2010準グランプリ
2011年6月 - 渋谷アップリンクXにて3週間レイトショー公開
2011年10月 - 大阪第七藝術劇場にて劇場公開
2011年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011オフシアターコンペティション部門ノミネート
2011年Fantastic Fest2011正式招待
2011年レインダンス映画祭2011 正式招待
2011年UCLA GSA Melnitz Movies2011 正式招待
2012年シアトル映画祭2012 正式招待
2012年福岡アジア映画祭2012 正式招待
2013年2月劇場公開
2013年11月劇場公開(全国30カ所)
2014年NIPPON CONNECTION2014 正式招待
2014年岡山映画祭2014 正式招待
2016年BEPPU凱旋映画祭2016 正式招待
2017年第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ オフシアター上映作品 第20回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 公式サイト
  2. ^ [1] 日経ビジネスオンライン映画「子宮に沈める」が示すもの 監督が語る「見えないものを見る」価値

関連項目[編集]

外部リンク[編集]