綾田整治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綾田 整治(あやだ せいじ、1906年3月10日 - 2003年5月10日)は、百十四銀行元頭取・会長。

生涯[編集]

香川県大川郡長尾町(現在のさぬき市)出生。

東京帝国大学経済学部卒業後、高松百十四銀行に入行。

1944年に取締役営業部長、1948年に専務と昇進を重ね、里見信三の死去を受けて第5代頭取(代表者としては8代目)に就任。46歳での頭取就任は全国最年少であった。トップ在任時には、現本店ビルの竣工や東京証券取引所第一部上場を成し遂げたほか、同行を11都府県にまたがる広域地銀に育て上げ、逝去するまで相談役として在任した。

1978年10月1日当時、同行の株式を250万株所有する個人筆頭株主であった。また、自身の退職金3億円を基礎として、経済的支援を必要とする香川県内在住の高校生を対象とする「公益信託綾田整治記念遺児育英基金」を創設。育英事業にも尽力した。

現相談役である綾田修作は長男。

略歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “綾田整治氏死去 元百十四銀行頭取”. 共同通信. (2003年5月12日). http://www.47news.jp/CN/200305/CN2003051201000228.html 2014年10月29日閲覧。