続通志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

続通志』(ぞくつうし)は、嵇璜劉墉らが編集し、紀昀らが校訂した中国の政書典章制度の解説書)である。「十通」の1つであり、乾隆50年(1785年)に完成した。全640巻。

編集方針は通志を踏襲しているが、通典でいう「世家」と「年譜」が無い。書中の紀伝は初から末までの間であり、二十略(詳しくは通志参照)は五代から末まで記載されている。特に通志で漏れがあった唐時代の記事が補充されている。