細網線維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レチクリン染色した正常肝板の厚さと軽度の脂肪変性を示す肝臓生体組織診断染色

細網線維(さいもうせんい、:Reticular fiber)またはレチクリンは、III型コラーゲンで構成される結合組織[1]線維の種類を記述するために使用されている組織学用語である[2]。細網線維は、網状の繊維が細かい網(レチクリン)を形成するために架橋している。この網目は、肝臓骨髄などの軟組織の支持網やリンパ系組織臓器として機能する[3]

脚注[編集]

  1. ^ reticular fibers - ドーランド医学辞典
  2. ^ Strum, Judy M.; Gartner, Leslie P.; Hiatt, James L. (2007). Cell biology and histology. Hagerstwon, MD: Lippincott Williams & Wilkins. p. 83. ISBN 0-7817-8577-4. 
  3. ^ Burkitt et al., Wheater's Functional Histology, 3rd ed. (Churchill Livinstone), p. 62

関連項目[編集]

外部リンク[編集]