紅腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国黒竜江省ハルビンの紅腸ソーセージ

紅腸(ホンチャン、中国語: 红肠英語: Hongchang)は中国東北部ロシアソーセージ作りに似せて作られているソーセージのことである。

中国東北部へのロシアの影響[編集]

中国は隣国ロシアの影響を強く受けて来た。特に中国東北部はロシア人が直接入り込んだ地域で、ロシアの影響をもろに受けた。

そうした影響は東北人が食べる食料にも及んでいて、ロシア風の「紅腸」(ソーセージ)と「大列巴」(パン)がその例である。

紅腸[編集]

現代ロシアでのソーセージ作り

紅腸(ホンチャン)は1897年に始まった東清鉄道の建設中に、ハルビンロシア人が設立した秋林洋行で働くリトアニア人がソーセージ作りを始めたといわれている。外形に皺が多く、赤味が強くソ連時代の赤色の連想もあり、ソーセージの中国語は「香腸」なので「紅腸」と呼ばれている。[1] リトアニア人が始めたソーセージなので、リトアニア人(およびリトアニア風、中国語は立陶宛)のロシア語: литовский(リトーフスキー)を中国風にして、立多夫斯香腸とも、里道斯香腸ともいう。

東北人も他の中国人と同様に通常の工場で作られてスーパーで売られているソーセージを食べているが、紅腸はグルメ食品として、観光食品として、特にハルビンの秋林集団が出荷する紅腸が東北部の大都市(ハルビン、長春瀋陽大連など)のグルメ食品店で売られている。[2] [3]

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]