糸状虫症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
糸状虫症
Onchocerca volvulus emerging from a black fly.jpg
ブユ科の昆虫Simulium yahense成体と触角から出てきた寄生虫「回旋糸状虫」(100倍拡大写真)
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
感染症内科学[*]
ICD-10 B73
ICD-9-CM 125.3
DiseasesDB 9218
eMedicine med/1667 oph/709
MeSH D009855

糸状虫症 (しじょうちゅうしょう、英:Onchocerciasis) は、河川盲目症あるいはローブルズ病オンコセルカ症としても知られ、寄生虫である回旋糸状虫英語版の感染が病因とされる病気[1][2]。中南米やアフリカのナイジェリアやエチオピアで感染者が多く[3]症状には激しい痒み、皮膚の腫れ、および永久失明がある[1][2]。これはトラコーマに次いで二番目に多い感染性失明[4]

病因と診断[編集]

この寄生虫症は シムリウム種の黒蝿に咬まれることにより感染する[1]。通常は何度も咬まれなければ感染しない[5]。この蝿は河川の近くに生息するのが病名の由来[4]。この寄生虫は人体に入ると幼生を形成し、これが皮膚の外に出てくる[1]。このようにして次の黒蠅への感染が可能になり、その黒蠅が他の人間を咬む[1]。診断には次のような幾つかの方法がある。生理的食塩水の中に皮膚の生体組織を浸して幼生が出てくるか観察する、目の中の腫れた個所を見る、皮下の腫れた個所の成虫を探すなど[6]

予防と治療[編集]

この病気に対するワクチンはなく[1]、予防方法は蝿に咬まれるのを避けることである[7]。回避方法は虫よけ剤の使用と適切な衣服の着用などがある[7]。他の方法には 殺虫剤の噴霧により黒蠅を減少させることがある[1]。年2回すべての罹病者を治療することによりこの病気を撲滅する努力が世界各地で行われている[1]。罹病者に対する処置としては 6か月から12ヵ月ごとのイベルメクチン投与がある[1][8]。この処置は幼生を殺すが成虫には効かない[9]。薬剤ドキシサイクリンウォルバキアと呼ばれる随伴バクテリアを殺し、この寄生虫を弱体化するように見られ一部ではこれも推奨されている[9]。皮下の腫れた部分の外科手術による除去を行うこともできる[8]

疫学と由来[編集]

河川盲目症には約1700万人から2500万人が罹病しており、このうち約80万人が一定の視力を喪失している[5][9]。ほとんどの感染は サハラ以南で発生するが、イエメン中央および南アメリカの離れた地域での事例も報告されている[1]。1915年にロドルフォ・ロブレス医師が初めてこの寄生虫を眼病に関連付けた[10]世界保健機構はこれを 見過ごされた熱帯病に含めている[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Onchocerciasis Fact sheet N°374”. World Health Oragnization (2014年3月). 2014年3月20日閲覧。
  2. ^ a b オンコセルカ症について (ファクトシート)厚生労働省検疫所FORTH)2017年3月8日参照
  3. ^ 多田功、エチオピアにおける寄生虫病とその背景 アフリカ研究 Vol.1972 (1972) No.12 P.15-20, doi:10.11619/africa1964.1972.15
  4. ^ a b Onchocerciasis (also known as River Blindness)”. Parasites. CDC (2013年5月21日). 2014年3月20日閲覧。
  5. ^ a b Parasites – Onchocerciasis (also known as River Blindness) Epidemiology & Risk Factors”. CDC (2013年5月21日). 2014年3月20日閲覧。
  6. ^ Onchocerciasis (also known as River Blindness) Diagnosis”. Parasites. CDC (2013年5月21日). 2014年3月20日閲覧。
  7. ^ a b Onchocerciasis (also known as River Blindness) Prevention & Control”. Parasites. CDC (2013年5月21日). 2014年3月20日閲覧。
  8. ^ a b Murray, Patrick (2013). Medical microbiology (7th ed.). Philadelphia: Elsevier Saunders. p. 792. ISBN 9780323086929. http://books.google.ca/books?id=RBEVsFmR2yQC&pg=PA792. 
  9. ^ a b c Brunette, Gary W. (2011). CDC Health Information for International Travel 2012 : The Yellow Book. Oxford University Press. p. 258. ISBN 9780199830367. http://books.google.ca/books?id=5vCQpr1WTS8C&pg=PA258. 
  10. ^ Lok, James B.; Walker, Edward D.; Scoles, Glen A. (2004). “9. Filariasis”. Medical entomology (Revised ed.). Dordrecht: Kluwer Academic. p. 301. ISBN 9781402017940. http://books.google.ca/books?id=C7OxOqTKYS8C&pg=PA301. 
  11. ^ Reddy M, Gill SS, Kalkar SR, Wu W, Anderson PJ, Rochon PA (October 2007). “Oral drug therapy for multiple neglected tropical diseases: a systematic review”. JAMA 298 (16): 1911–24. doi:10.1001/jama.298.16.1911. PMID 17954542. http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?doi=10.1001/jama.298.16.1911. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Vol. 19 (1991) No. 2 P 191-201, doi:10.2149/tmh1973.19.191