糸をつむぐグレートヒェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

糸を紡ぐグレートヒェン』(いとをつむぐグレートヒェン、独語Gretchen am SpinnradeD118は、1814年10月19日に作曲されたフランツ・シューベルトリート。詩はゲーテの『ファウスト 第一部』を出典とする。この詩には、他にカール・レーヴェルイ・シュポーアリヒャルト・ワーグナーミハイル・グリンカジュゼッペ・ヴェルディなどが曲を付けている。

シューベルトにとって初めてのゲーテ歌曲であるとともに、この曲を以てドイツリートが誕生した、と評される。

グレートヒェンは紡ぎ車を回しつつ、ファウストとその口車を思い浮かべて口ずさんでいる。ピアノ伴奏の反復リズムは、歌詞に応じて紡ぎ車が速まったり遅くなったりするさまや、グレートヒェンの気も狂わんばかりの昂奮を描写し、恋する娘の動揺や、悪魔の誘惑を効果的に暗示している。グレートヒェンの台詞がそのまま歌詞とされているので、明らかに女声のための歌曲であり、上記のような特色から、ソプラノピアニストにとって意欲を求められるレパートリーとなっている。代表的な歌手として、エリザベート・シュワルツコップジェシー・ノーマングンドゥラ・ヤノヴィッツらが挙げられる。

なお、シューベルトは1817年に同じく第一部より、ファウストとの愛欲の末に罪の意識に苛まれるグレートヒェンの独白(D.564、「外壁の内側に沿った小路にいるグレートヒェン "Gretchen im Zwinger"」または「グレートヒェンの祈り "Gretchens Bitte"」)への作曲を試みたが未完に終わった(20世紀になってベンジャミン・ブリテンが補筆完成させた)。

原詩全文[編集]

Gretchen am Spinnrade
Johann Wolfgang von Goethe
Meine Ruh' ist hin,
mein Herz ist schwer:
Ich finde sie nimmer
und nimmermehr.
Wo ich hin nicht hab',
ist mir das Grab,
die ganze Welt
ist mir vergällt.
Mein armer Kopf
ist mir verrückt,
mein armer Sinn
ist mir zerstückt.
Meine Ruh'ist hin,
mein Herz ist schwer:
Ich finde sie nimmer
und nimmermehr.
Nach ihm nur schau ich
zum Fenster hinaus,
Nach ihn nur geh ich
aus dem Haus.
Sein hoher Gang,
Sein' edle Gestallt,
Seines Mudes Lächeln,
Seiner Augen Gewalt,
und seine Rede
Zauberfluß,
Sein Händedruck,
Und ach, Sein Kuss!
Meine Ruh' ist hin,
mein Herz ist schwer:
Ich finde sie nimmer
und nimmermehr.
Mein Busen drängt
sich nach ihm hin.
Ach, dürft' ich fassen
und halten ihn!
Und Küssen ihn,
so wie ich wollt',
An seinen Küssen
Vergehen sollt'!
Meine Ruh' ist hin,
mein Herz ist schwer.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]