篠原英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

篠原 英明(しのはら ひであき、1965年4月3日 - )は福岡県出身の男性実業家株式会社シノケングループ(旧商号株式会社シノケン)の創業者、代表取締役社長

経歴・人物[編集]

  • 福岡県福岡市に生まれ、高校在学中に塗装店や飲食店でアルバイトをし、その頃に起業への関心が生まれた。
  • 高校を卒業後、出版社に籍を置きながら不動産関係の専門学校に入学し、福岡市内の不動産会社に再就職を果たした。
  • 入社後、約130人の社員の中で上位の実績を挙げ、営業不振の店に派遣され店を再建させた。
  • 25歳の時にシノハラ建設システム(現在のシノケングループ)を設立し、福岡市中央区の賃貸ビルに事務所を構えた。旧来までの賃貸住宅経営の概念を覆し、土地を持たないサラリーマンであっても家賃収入が土地・建物の購入費のローン返済額を上回れば、アパート経営はできるという資産運用法を確立。個人投資家の支持を得て事業を急拡大する。
  • 1999年、アパート販売後も収益を獲得するビジネスモデルの一環として、LPガスの供給販売事業を開始する。
  • 2001年には東京進出も果たし2002年12月にはジャスダックに上場を果たした。
  • 名古屋仙台札幌へも支店を開設し、全国主要都市へ事業を拡大した。
  • ワンルームマンション販売会社を子会社化し、アパート経営に加え、マンション経営の提案についても事業を開始する。
  • 2005年11月17日国土交通省が構造計算書の偽造を告発し、ヒューザー木村建設とともにシノケンの名前も挙がり2005年11月29日衆議院国土交通委員会参考人招致参考人として呼ばれたが、瑕疵担保責任を果たすと明言し、住民との契約が合意した。5棟は解体中でその他の物件も1棟は6月までに解体し、残りの1棟は補強工事を行う素早い対応で高評価を得た。
  • 2007年、会社分割の方法により、株式会社シノケングループを持株会社とする体制へ移行させた。
  • 2009年、香港法人及び上海法人を買収し、董事長へ就任。中国不動産の賃貸仲介事業へ本格的に参入した。
  • 2010年、九州でマンション販売戸数トップのデベロッパーである株式会社えんの発行済株式総数の33.8%を取得し、持分法適用関連会社とする。東京のマンション販売子会社である株式会社シノケンハーモニーの販売戸数とあわせ、グループ年間1,000戸以上の投資用マンション販売実績は業界トップクラスとなる。
  • 東京のビルメンテナンス会社を買収し、取締役に就任。その後マンション管理事業へ参入した。
  • 2012年上海にて短期滞在の日本人向けのウィークリーマンション事業を開始した。また、中国人台湾人向けに日本の不動産販売を行う等、海外事業を強化している。
  • 介護関連コンサル会社を買収し、介護関連事業へ参入後、介護関連事業の統括事業を担う株式会社シノケンウェルネスを設立し、代表取締役に就任。
  • 2013年、株式会社シノケングループの本店を福岡市中央区天神1丁目1番1号アクロス福岡へ移転した。
  • ジック少額短期保険株式会社を子会社化し、取締役に就任。
  • 2014年、創業明治42年(1909年)の老舗ゼネコンである株式会社小川建設を完全子会社化し、取締役に就任。

関連事項[編集]