箱根丸 (コンテナ船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
船歴
起工 1968年2月9日
進水 1968年5月17日
竣工 1968年8月27日
その後 1986年解体
主要目
総トン数 16,240 トン
載貨重量トン数 16,306 トン
全長 187.0 m
垂線間長 175.0 m
型幅 26.0 m
型深 15.5 m
吃水 9.52 m
主機 三菱横浜-MAN K10Z93/170E型ディーゼル 1基
出力 27,800馬力(最大)

23,600馬力(常用)

航海速力 22.6ノット
最高速力 26.0ノット
乗員 34名
コンテナ積載数 752TEU

箱根丸(はこねまる)は、かつて日本郵船が所有・運航したコンテナ船。箱根丸級2隻の1番船で、同型に昭和海運との共有船「榛名丸」がある。

なお日本郵船の「箱根丸」には1921年竣工の貨客船と、1968年竣工のコンテナ船、1983年竣工の2代目コンテナ船が存在するが、本項では初代のコンテナ船について解説する。

概要[編集]

世界的な遠洋定期航路のコンテナ船化の中、日本船主では初めてのコンテナ船として、1968年8月27日三菱重工業神戸造船所で竣工した。同年9月2日、昭和海運、マトソン社と提携したカリフォルニア航路に初就航した(1970年にマトソン社は撤退)。

コンテナ荷役により、特に寄港地での停泊日数が激減し、在来貨物船より船が高速化したことも相まって、従来1航海に約80日かかっていた太平洋航路を約30日で運航可能となり、海上輸送革命と言われるほどの効率化に繋がった。

1978年12月12日カリフォルニア航路用により大型の後継船が建造されたため、「ぱしふいっくえくすぷれす」と改名し、新設の韓国アメリカ航路に転配。

1980年3月19日韓国へ売却され、その後1986年に解体された。

参考文献[編集]

  • 船舶技術協会『船の科学』1968年10月号 第21巻第10号
  • 海人社『世界の艦船 別冊 日本郵船船舶100年史』1984年 ISBN 4-905551-20-X
  • 日本郵船株式会社『七つの海で一世紀 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』1985年
  • 渡辺逸郎『コンテナ船の話』成山堂書店 2006年 ISBN 978-4-425-71371-4