管弦楽のためのスケルツォ (ラフマニノフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スケルツォ ニ短調》は、セルゲイ・ラフマニノフの現存する作品の中で、最も初期の管弦楽曲である。モスクワ音楽院在学中に作曲された[1]文字通りの小品で、5分前後で演奏できる。

自筆譜には1888年2月5日から21日までとの日付が掲げられており、当時ラフマニノフはまだ14歳の少年だった。さらに譜面には、誰のものか分からない筆跡で、1887年と書き直してある[2]。曲は従兄のアレクサンドル・ジロティに献呈されており、譜面には「第3楽章」と記入されていることから、より大規模な作品にするつもりだったことが伺われる。

曲調から察するに、フェリックス・メンデルスゾーン劇付随音楽夏の夜の夢》のスケルツォを模範にしていることは明らかである[3]。ラフマニノフ少年は、ピョートル・チャイコフスキーの《マンフレッド交響曲》を2台ピアノ用に編曲した経験があり、その影響も反映されている[4]

《スケルツォ ニ短調》は、もう一つの初期作品である交響詩ロスティスラフ公》と併せて[5]1945年11月2日ニコライ・アノーソフの指揮でモスクワで初演された。初版が出たのは1947年である。

註記[編集]

外部リンク[編集]