筋上皮細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

筋上皮細胞(きんじょうひさいぼう、英:myoepithelial cell)とは一般に外分泌腺の腺房や導管の内腔を覆う腺上皮基底膜の間に認められる細胞。筋上皮細胞に豊富に存在するα平滑筋アクチン(αSMA)が収縮することにより外分泌腺の分泌物放出が促進すると考えられている。筋上皮細胞は汗腺乳腺涙腺唾液腺、気管支腺、食道腺で認められる。ある種の筋上皮細胞は上皮基底層を構成し、上皮の前駆細胞幹細胞を含む。創傷治癒の場合、筋上皮細胞は代償的に増殖する。増殖性組織における筋上皮細胞の存在は良性を示唆し、筋上皮細胞が存在しない場合は悪性腫瘍を支持する。ただし腺筋上皮腫腺様嚢胞癌筋上皮癌のような稀な腫瘍ではその構成成分として腫瘍化した筋上皮細胞が含まれる。

マーカー[編集]

筋上皮細胞はケラチン陽性の真の上皮細胞であり、ビメンチン陽性で真の間葉系細胞である筋線維芽細胞と混同してはならない。筋上皮細胞は一般にα-平滑筋アクチン(αSMA)、サイトケラチン5/6、14 他の高分子量サイトケラチン類、p63CD10, カルポニン(calponin)、カルデスモン (caldesmon) を発現する。

文献[編集]

  1. ^ Reis-Filho JS et al. Naked nuclei revisited; p63 Immunoexpression. Diagn Cytopahol. 2002;27(3):135-8