笹谷遼平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笹谷 遼平(ささたに りょうへい、1986年6月14日 - )は日本映像作家カメラマン。作家名ササタニーチェ。

経歴[編集]

1986年京都府向日市に生まれる。2004年同志社大学文学部哲学科へ進学し、映画製作に明け暮れながらエロティシズムを学ぶ。卒業論文は『エロティシズムと生及び死について』。2008年上京。2017年「お還り」で伊参スタジオ映画祭 審査員賞受賞、劇映画「カミカゼという名の塹壕」でMy Rode Reel 2017 Best Japanese賞受賞。2018年「黄金」で第18回伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞受賞。

人物・エピソード[編集]

作風[編集]

主な活動[編集]

監督・監修・編集[編集]

  • DVD『昭和聖地巡礼 〜秘宝館の胎内〜』(2007年8月)
  • フリーペーパー『MEIKO』(2009年7月~12月)
  • DVDマガジン『メイコグ』
    • 第1号 「ファニーフェイスの哭き哥(なきうた)」(2010年5月)
    • 第2号 「蝋塊独歩」(2010年11月)
    • 第3号 「すいっちん -バイブ新世紀-」(2011年5月)
  • スペースシャワーTV『ナンダコーレ-Nandacoole-』(2011年10月~)
  • 短編映画『カミカゼという名の塹壕』(2017年)
  • ドキュメンタリー映画『馬ありて』(2018年)

執筆[編集]

イベント出演[編集]

  • 『秘宝館カルチャーを学ぶ会』(2008年3月21日 Club METRO
  • 『208 SHOWCASE #041「笹谷遼平『昭和聖地巡礼』秘宝館、その知られざる胎内へ」』(2008年6月21日 208
  • 『シンポジウム 「あつめる」から「ひらく」へ』(2008年2月22・23日 京都造形芸術大学
  • 『秘宝館について、どうしてもキミに伝えたいことがある』(2008年7月5日 ジュンク堂書店新宿店) 
  • 『南海摩登(もだん)博覧会 トークイベント「昭和建築探訪」』(2008年11月9日 小野町デパート
  • 『関西クィア映画祭 Simone Fukayuki presents SPECIAL TALK LIVE』(2009年1月26日 HEP HALL
  • 『サロメの唇presents「夜の秘密 vol.1」』(2009年3月20日 新宿JAM
  • 『ノスタルジック・キャバレーナイト』(2009年8月29日 プリズン東京
  • 『昭和聖地巡礼 ~秘宝館の胎内~』(2009年9月27日 STRANGE BAR JUN
  • 『メイコグ第1号発刊記念イベント「メイコグとエモい昼食」』(2010年7月3日 ネイキッドロフト
  • 『代官山地下特選劇場 〜夜は糸を引きながら更けていく〜』(2010年7月10日 晴れたら空に豆まいて
  • 『西宮船坂ビエンナーレ2010プレ企画「サブカルトークナイト」』(2010年9月4日 旧神戸市立生糸検査所
  • 『西宮船坂ビエンナーレ2010「サブカル鼎談 〜都市の裏と表を流れる時間〜」』(2010年10月30日 船坂公会堂
  • 『時代とエロス~抑圧される性表現の未来~』(2011年4月16日 Club METRO
  • 『オメ☆コボシ16』(2011年8月7日 LOFT/PLUS ONE
  • 『すいっちん -バイブ新世紀-』(2011年8月20日 シアターセブン
  • 『アップバイブリンク -今夜も入れナイト-』(2011年8月27日 UPLINK FACTORY

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 馬ありて - 笹谷遼平監督映画「馬ありて」の公式サイト
  • atricot - 笹谷遼平の姉でニット・アーティストatricot(笹谷史子)の公式サイト