笹本睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・グレコローマン
レスリング世界選手権
2007 60kg級
アジア大会
2002 60kg級
2006 60kg級
レスリングアジア選手権
2005 60kg級

笹本 睦(ささもと まこと、1977年10月21日 - )は、東京都出身のレスリング選手。2000年シドニーオリンピック、2004年アテネオリンピックレスリング男子グレコローマン級日本代表。向上高校日本体育大学卒業。

経歴[編集]

全日本選手権で2000年から7連覇を果たすなど、この階級の男子第一人者であり、シドニーオリンピック、アテネオリンピックではともに入賞を果たした。

アテネオリンピック決勝トーナメント1回戦では、前大会王者のアルメン・ナザリャンを相手に不可解な判定負けを喫した。笹本の俵返しの際に、ナザリャンは手を笹本の足にかける反則を犯し、一度は主審が反則を取った。だが、後にチェアマンが一方的に判定を覆して、結局判定負けとなった。この判定に対し試合中にペットボトルがリングに投げ入れられ、試合後も会場中からブーイングが鳴りやまなかった。試合後、笹本は「(相手が)手、掛けてたじゃないですか!」と号泣しながら報道陣の前を通り過ぎて行った[1][2][3]。日本レスリング協会が撮影したビデオには反則がはっきりと写っており、明らかな誤審であった。この結果を受け日本協会は国際レスリング連盟に抗議文を提出した[4][5]

2007年世界選手権で銀メダルを獲得し北京オリンピック代表に内定された。

主な戦績[編集]

  • 2000年シドニーオリンピック 男子グレコローマン58kg級 - 8位
  • 2004年アテネオリンピック 男子グレコローマン60kg級 - 5位
  • 2007年世界選手権 男子グレコローマン60キロ級 - 銀メダル

脚注[編集]

  1. ^ 【レスリング】世界選手権・男子グレコローマン60Kg級で笹本睦が12年ぶりのメダル確定!北京五輪内定
  2. ^ 超人・第124回
  3. ^ 【特集】A・ナザリアンへ現役続行を熱望…笹本睦
  4. ^ 「共同通信」2004年8月26日
  5. ^ 「信濃毎日新聞」2004年8月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]