笑福亭松光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笑福亭 松光(しょうふくてい しょこう、1858年(または1860年) - 1913年1月3日)は、上方噺家。本名: 梶木市松。

生年は1858年とも1860年ともいう。1874年ごろから初代笑福亭福松の弟子で松光を名乗る。生涯改名はしなかった。

得意ネタは「稽古屋」「くっしゃみ講釈」「いかけ屋」など。また新作もよくやっていた。また余芸であほだら経米山節も売りであった。

風貌は天然痘による馬面、左目が義眼、白髪まじりに禿で縮れ毛、細身の体で「かんやん」と仇名された。

1913年に心臓病で死去。

出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『古今東西噺家紳士録』
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)