立木山寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立木山寺
Precinct of Anyoji Temple.jpg
本堂
所在地 滋賀県大津市石山南郷町奥山1231
位置 北緯34度55分4秒
東経135度54分36秒
山号 立木山
宗派 浄土宗
本尊 聖観世音菩薩
創建年 815年弘仁6年)
開基 空海(弘法大師)
正式名 立木山 安養寺
別称 立木観音
札所等 新西国三十三箇所20番
テンプレートを表示

立木山寺(たちきさんじ)は滋賀県大津市にある浄土宗の寺院。新西国三十三箇所の20番である。正式の寺号は「安養寺」(あんようじ)といい厄除けの寺院として知られる。「立木観音」の通称でも知られており地元では「立木さん」とも呼ばれる。

歴史[編集]

寺伝によれば、815年弘仁6年)、空海(弘法大師)がこの地に立ち寄った際、瀬田川の対岸に光り輝く霊木を見つけた。ところが川の流れが速く、渡れないでいるところに白鹿が現れ、大師を背に乗せ対岸まで導いてくれた。白鹿はたちまち観世音菩薩に姿を変え、虚空に消え去ったという。この奇跡に感服した弘法大師は霊木に五尺三寸の観世音菩薩像を彫刻し、それを本尊としてこの寺を建てたという。この時、空海が厄年の42歳であったとされるため、広く厄除けの霊験あらたかな観音像として信仰されることとなった。

当寺は現在浄土宗に属するが、空海開基の伝承をもつことから、創建当初は真言密教系の寺院であったと推定される。

境内[編集]

瀬田川河畔から約800段もの急な石段が本堂まで続く。石段を上りきると狭い境内には本尊である立木観音像を安置する本堂があり、本堂裏にも礼拝所が設けられている。本堂からなおも石段を登ると小さな鐘楼があり、参拝者はここで鐘をひとつきして厄を落とす。さらに上へ登ると奥の院があり、ここには道了権現大菩薩が祀られている。毎月17日は縁日となっており多くの参拝客でにぎわっている。

アクセス情報[編集]

本堂まで続く石段

所在地[編集]

滋賀県大津市石山南郷町奥山1231

交通[編集]

駐車場[編集]

  • 普通車50台、大型10台

拝観時間[編集]

  • 9:00~16:30

外部リンク[編集]