空中機動作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

空中機動作戦(くうちゅうきどうさくせん)は、地上部隊では即応できない緊急かつ緊要な時期に部隊を空中機動させ、重要目標の攻撃、要点の占領、危機正面に対する対処・増援を行い、作戦全体の遂行を容易ならしめる事である。すなわち、空中機動後に何らかの形で地上の作戦・戦闘を実施する事をねらいとする場合であって、単なる空輸による移動は含まない。

空中機動作戦には、空挺(エアボーン)作戦とヘリボーン作戦があり、これらはそれぞれ単独または一体となって行われる。また、その部隊規模に応じ、戦略的あるいは戦術的に運用される。

空挺作戦は、陸上部隊および航空部隊をもって行う統合作戦であり、ヘリボーン作戦はヘリコプター部隊により輸送可能な部隊をもって行う作戦である。

特性[編集]

空中機動作戦は、地上作戦における困難な地形・障害および敵の抵抗を回避して迅速な空中機動を行い、所望の地域に目標を自由に選定して敵を攻撃できるので、敵の即背に対して常に脅威を与えるとともに、作戦における部隊運用の融通性および奇襲の可能性を増大できる利点を有する。

しかし、空輸能力・気象条件・航空優勢獲得の程度などによる影響が大きい。降着部隊の車両および長射程の火力の不足は、降着部隊の地上作戦・戦闘能力を大きく制限し、また、降着直後においては、部隊の分散および指揮通信の統一の困難性のため、組織的な戦闘力の発揮に弱点を有する。

空中機動作戦の作戦目標は、空挺作戦とヘリボーン作戦の特性を考慮して慎重に決定しなければならない。

関連項目[編集]