種子島久照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

種子島 久照(たねがしま ひさてる、宝暦10年(1760年) - 文化11年(1814年))は、薩摩藩(鹿児島藩)家臣、種子島氏第22代当主。

父は種子島久芳。母は新納久門の娘於千。正室は島津久濃の娘。子は種子島久道。幼名は鶴袈裟、通称は弾正、佐渡。初名は庸時、久柄。

略歴[編集]

宝暦10年(1760年)種子島久芳の子として生まれる。明和6年(1769年)元服。安永9年(1780年犬追物の射手を務める。天明8年(1786年)父の隠居により家督相続し、種子島島主となる。藩主島津重豪より「久」の字を賜る。文化11年(1814年)死去。享年55。

参考文献[編集]