秘本三国志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秘本三国志
著者 陳舜臣
発行日 1974年
発行元 文藝春秋
ジャンル 歴史小説
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

秘本三国志』(ひほんさんごくし)は、陳舜臣の長編歴史小説

概要[編集]

文藝春秋』で1974年から1977年まで連載された。文庫本は全6巻。『三国志演義』のように劉備)視点ではなく、『正史 三国志』をもとにしており、主に五斗米道の教徒(張魯の母の少容やその弟子の陳潜)を狂言回しとし、彼らから見た物語になっている。演義やそれをベースとしたそれまでの作品群が描いてきた「劉備:善人、曹操:悪人」ではないストーリーは、日本における曹操再評価の嚆矢のひとつとなった。