科学技術週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

科学技術週間(かがくぎじゅつしゅうかん)とは、日本科学技術の振興を図り、科学技術について広く一般に理解と関心を深めるための週間。

時期[編集]

毎年、発明の日である4月18日を含む月曜日から日曜日までの一週間。

1960年昭和35年)2月26日閣議了解により制定。当初は4月18日 - 4月24日とされていたが、1974年(昭和49年)12月6日科学技術庁の通達により、1975年(昭和50年)から現在の日程に変更された。

内容[編集]

この期間に、全国の科学館博物館、試験研究機関、大学企業など多くの施設・団体で、講演会、体験学習会、施設一般公開など各種科学技術に関するイベントが実施される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]