秋元広行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋元広行 (あきもと ひろゆき、Hiroyuki Akimoto、 1977年2月11日 - ) はフォルクローレ歌手、通訳&翻訳家

人物[編集]

兵庫県出身。創価大学時代にラテンアメリカ音楽研究会に入りフォルクローレに魅せられ、卒業後は単身ボリビアに渡る。ギターフアン・カルロス声楽コチャバンバ国立音楽学校校長の藤井康一に師事[1]ラパス市在住 (2000年4月 - 現在)で、10年目となる2010年より毎年日本へ帰国しては様々な音楽家とコンサートを行う。

好きな食べ物は、うどんレチョン

所属グループ (2019年現在)は、アナタボリビア (Anata Bolivia)とワイラハポナンデス (Wayra JaponAndes)。

これまで制作したCDは10枚。

2005年10月20日、ボリビア人メンバー5名と共にアナタボリビアを結成。2009年、ボリビアフォルクローレ版グラミー賞と呼ばれる「シコンボル(CICOMBOL)」にて様々な賞にノミネートされる。

2012年 内閣国家官房室(当時)より、「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」63名に選出、表彰される。

2016年12月 ボリビア在住の日本人音楽家3名と共に「ワイラハポナンデス」を結成する。日本の名曲をボリビアのフォルクローレに乗せて演奏している。

脚注[編集]

  1. ^ クオータリー25号”. 2020年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]