秀峰尤奇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慈雲妙意
? - 1372年
諡号 円通妙覚禅師
尊称 円通妙覚禅師
生地 不明
没地 越中国新川郡太田保興国寺 (富山市)
宗派 臨済宗
寺院 東福寺安聖寺
白雲慧暁
著作 「捧常楽塔偈」(『日本高僧伝』)

秀峰尤奇(しゅうほうゆうき、生年不明 - 1372年8月)は、南北朝時代に活躍した東福寺栗棘派の禅僧である。

越中国婦負郡金屋村(富山市寺町)に崇聖寺を開いた竺山至源(東福寺4世白雲慧暁の法嗣)に学び、同国興国寺の開山に請じられた。のち、京都で別業(別宅)として安聖寺を開く。建徳3年8月示寂。墓所は富山市布市の興国寺開山塔。