禿の女歌手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

禿の女歌手』 (はげのおんなかしゅ、原題:La Cantatrice Chauve、英題:The Bald SopranoまたはThe Bald Prima Donna)は、ウジェーヌ・イヨネスコの処女作である戯曲。『はげの歌姫』とも訳される。 1950年5月11日にパリのノクタンビュール座で初演を行う際、ニコラ・バタイユが演出を務めた。 1957年から、ユシェット座で上演されて以来、 Molière d'honneurをとったことがある。 また、レコード収録版もあり、フランスでもっともよく上演される劇のひとつとされている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]