福神海山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福神海山(福神岡ノ場)
福神海山の位置(日本内)
福神海山
福神海山 (日本)
頂上深度 43 m
高さ 2,800-3,400 m
所在地
所在地 南硫黄島の南東約340km
ファラリョン・デ・パハロス島の北西約210 km
座標 北緯21度56.1分 東経143度28.9分 / 北緯21.9350度 東経143.4817度 / 21.9350; 143.4817
地質
種別 海底火山
火山/ 伊豆・小笠原・マリアナ島弧

福神海山(ふくじんかいざん)または福神岡ノ場(ふくじんおかのば)とは、北緯21度56分 東経143度28分座標: 北緯21度56分 東経143度28分に位置する海底火山である。

戦前から日本漁師にはの漁場として知られており、東京の南方約1,550km、火山列島南硫黄島の南東約340km[1]マリアナ諸島北端ファラリョン・デ・パハロス島の北西約210kmの地点に位置している。

年表[編集]

  • 1951年昭和26年)8月 - 10月:海底噴火が起こり、硫黄の噴出と黄色の変色水が確認される。
  • 1973年(昭和48年)9月27日静岡県の漁船、第一稲荷丸が海底爆発と高さ3mの水柱を目撃。
  • 1973年(昭和48年)10月30日朝日新聞社機「早風」が福神海山の噴火を目撃。
  • 1974年(昭和49年)3月20日鹿児島県の漁船、第六鶴丸が変色水を目撃。音響測深により同海域の水深が3mまで隆起していることが判明する。
  • 1977年(昭和52年):正式に福神海山と命名される。
  • 1982年(昭和57年)12月15日:変色水が目撃される。以後、現在(2010年平成22年)6月)に至るまで火山活動は観測されていない。
  • 1994年平成6年)5月海上保安庁の測量船「昭洋」による調査が行われる。最浅水深43mと判明[1]

脚註[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]