福田真規夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福田 真規夫(ふくだ まきお、1952年7月4日 - )は、日本の工学者大阪国際大学人間科学部人間健康科学科教授、学長補佐、2008年博士(工学:大阪大学)。学位論文の名は 「学習支援のためのインターフェースの研究」[1]

研究分野[編集]

  • 感性情報学・ソフトコンピューティング、経営学、教育工学、科学教育

主な所属学会[編集]

主な著書[編集]

  • 情報社会と情報基礎 第一法規出版、1990
  • 上級SE心得ノート 日刊工業新聞社、1995
  • マルチメディア時代と情報教育 パワー社、1995
  • 人間健康科学入門 信山社出版、1995
  • 情報教育の知恵 パワー社、1997
  • 演習形式で学ぶマルチメディア(共著) 海青社、1999
  • 創造するSE(共著) CQ出版社、2000
  • 上級SEのための仕事術心得ノート、日刊工業新聞社、2004
  • 経営情報論(共著) 日科技連出版社、2007
  • 教科書ICT(共著) 日科技連出版社、2008

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース