神戸レガッタアンドアスレチッククラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般社団法人神戸リガッタ・アンド・アスレチック・倶楽部
神戸レガッタアンドアスレチッククラブ本部
神戸レガッタアンドアスレチッククラブ本部
団体種類 一般社団法人
設立 1905年3月17日[1](創設は1870年9月23日)
所在地 兵庫県神戸市中央区八幡通2-1-20 磯上公園内
法人番号 4140005001496
活動地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示

神戸レガッタアンドアスレチッククラブ: Kobe Regatta & Athletic Club, KR & AC)は、兵庫県神戸市中央区にあるスポーツクラブ。運営団体は一般社団法人神戸リガッタ・アンド・アスレチック・倶楽部(会社法人等番号:140005001496)である。

概要[編集]

1870年9月23日(明治3年8月28日)、アレキサンダー・キャメロン・シムの提唱により、神戸外国人居留地内に発足[2][3]。日本の近代スポーツ発祥とされる。

1888年3月、横浜カントリー・アンド・アスレティック・クラブ(YC&AC)との間でインターポートマッチが開催された。なお、YC&ACとの対戦は日本で最も古いサッカーの対抗戦と位置づけられている[4]

第二次世界大戦後に現在地の磯上公園に移転した。2007年4月、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するヴィッセル神戸と提携を結んだ。

体育館[編集]

発足から3か月後の1870年12月(明治3年閏10月/11月)、KR & ACは居留地内に体育館を建設[5]した。1874年(明治7年)11月、日本政府が居留外国人に対し居留地東側へのグラウンド(内外人公園、後の東遊園地の設置を認めた[6]。グラウンドは1877年(明治10年)5月に完成[7]ことに伴い、体育館はグラウンド内に移設された。

体育館はKR & ACのクラブハウスとして機能し、ボクシングフェンシングといったスポーツが行われたほか、会員以外にも開放され、居留地内の市民ホールとしての役割も果たした[8][9]。演劇や音楽会、ダンスパーティーなども催された[10][11]。演劇界においては「横浜外国人居留地内の『ゲーテ座』、長崎外国人居留地内の『パブリックホール』とともに、明治以降の日本演劇史に残る重要な施設」とされており[12][13]1927年(昭和2年)の新築を経て太平洋戦争中の1945年(昭和20年)に空襲で焼失するまでの間、神戸における「アマチュア演劇のメッカ」として機能した[14][15]。劇場としての機能から、体育館は「体育館劇場」、「居留地劇場」と呼ばれた。

1945年の焼失後、体育館は東遊園地内に再建されたが、1962年(昭和37年)に磯上公園(神戸市中央区八幡通)に移設された[16]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 楠本利夫 『増補 国際都市神戸の系譜』 公人の友社、2007年ISBN 4-87555-514-8
  • 棚田真輔、松村浩貴・高木応光 『神戸居留外国人のスポーツ50年』 神戸スポーツ史研究会、1993年
  • 高木応光 『神戸スポーツはじめ物語』 神戸新聞総合出版センター、2006年ISBN 4-343-00362-0
  • 棚田真輔、松村浩貴・高木応光 『神戸居留外国人のスポーツ50年』 神戸スポーツ史研究会、1993年
  • 『居留地の窓から』 神戸外国人居留地研究会(編)、ジュンク堂書店1999年
  • 『神戸外国人居留地』 ジャパン・クロニクル社(編)・土居晴夫(解説)、堀博・小出石史郎訳、神戸新聞出版センター、1980年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分28秒 東経135度11分56秒 / 北緯34.69111度 東経135.19889度 / 34.69111; 135.19889