神尾久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神尾 久美子(かみお くみこ、1923年1月28日 - 2014年10月26日)は、日本の俳人

来歴・人物[編集]

福岡県出身。本名・洋子。福岡県京都郡立京都高等女学校(現・福岡県立京都高等学校)卒。野見山朱鳥に師事し、1953年『菜殻火(ながらび)』同人。神尾季羊と結婚し、季羊主宰の『椎の実』に参加する。97年季羊没後『椎の実』主宰。飯田竜太に師事し『雲母』同人。俳人協会顧問[1]

著書[編集]

  • 『掌 神尾久美子句集』菜殻火叢書 1963
  • 『現代俳句女流シリーズ 桐の木 句集』牧羊社 1978
  • 『自註現代俳句シリーズ 神尾久美子集』俳人協会 1982
  • 『現代俳句女流シリーズ 中啓』牧羊社 1983
  • 『山の花 句集』角川書店 2006

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録』2002年