神学校および聖職への受けいれにおける、同性愛傾向を有する人物の召命を吟味するための基準に関する手引き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

神学校および聖職への受けいれにおける、同性愛傾向を有する人物の召命を吟味するための基準に関する手引き』(: Instruction Concerning the Criteria for the Discernment of Vocations with regard to Persons with Homosexual Tendencies in view of their Admission to the Seminary and to Holy Orders(原題直訳))は、2005年11月にカトリック教会ローマ教皇庁の最高指導部のひとつ教理省 (Congregation for Catholic Education) が発表した文書である。

内容[編集]

内容は道徳的な教えではなく同性愛者の神学校や聖職への受けいれを禁じるため注意を促すものである。制限は同性愛に限定されており、小児性愛者に関して特に区分なく言及する一方で異性愛者の不貞などには触れていない。

実際の起草は刊行に10年遡るが[1]、この文書は20世紀末から21世紀にかけて漸次発覚した、アメリカ合衆国やオーストリア等でのカトリック教会聖職者による一連の性的虐待事件に対する、カトリック教会の公式の返答であると見なされている[2]

その没年となった2005年、アメリカ、オーストリア、アイルランドなどでの性的スキャンダルの発覚を重く見た教皇ヨハネ・パウロ2世は、教理省に宛てて次のような通達を行なっていた。

これより以降、独身の生を全うするべく神学校へ入学する青年たちは、任職に前もって自らの性的・感情的成熟に道徳的自覚を持つべく注意されるべきである[3]

文書への反応[編集]

この文書は同性愛小児性愛を関連づけているとして批判されている[4]。また、文書は同性愛のうちで根の深いものと過渡的なものを峻別することを説いているが、これが具体的にどのように行なわれるかについても疑問が呈されており、実際上は虐待を行なった者とそうでない者という区別なのではないかと見られている[5]

一方でベルギーの司教らは、神学校と聖職への受けいれ候補者に対する規制について、あらゆる性的指向について同様の禁忌を課すと述べている[6]。またニューヨーク大司教ティモシー・ドラン (Timothy Dolan) は、バチカンの指導は「ゲイを排除するポリシーではない」と述べ、同性愛者についても、ゲイ文化に影響されず、独身を守る者であれば容認されるとしている[7]

同文書からの引用[編集]

教理においては、同性愛行為と同性愛傾向は峻別される。行為についていえば、聖書はこれを重大な罪と教えている。また聖伝は、繰り返してこれを本質的に背徳的で自然法に反するものとしている。したがって、いかなる条件においてもこれが容認されることはない。
以上のような教えに照らし、我々は典礼秘跡省との合意に基き、教会は、その対象となる人物を深く尊重しつつも、神学校および聖職者について、同性愛を実践する者および強い同性愛傾向を示す者、さらにいわゆる「ゲイ・カルチャー」を支持する者を受けいれることができない、ということを宣明する必要を信ずる。
しかしながら、過渡的な問題として同性愛傾向が表現された場合、例えば未克服の思春期的傾向などの場合は事情が異なる。とはいえ、こうした傾向は最低でも任職の三年前には克服されていなければならない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]