社会関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会関係(しゃかいかんけい, Social relation)とは社会学用語の一つ。社会において社会集団を形成している諸個人が、相互作用に基づいて持続的にかつ安定的に営むことから一定の行動様式を築いて行い合っている関係。これは相互が直接的に接触することをとして築かれているものと、相互が様々なコミュニケーションを経ることで間接的に接触することを基として築かれたものとが存在する。これらの接触をするということで互いは影響しあうようになり、これが相互作用となり、そして反復をされるようになり、そして互いが期待に答えられるように互いの行動を規制し合うことができるようになった状態が社会関係が築かれた状態であるというわけである。また社会関係においては健康という事柄もこれが築かれていく要素となる。たとえば人間の健康状態が異なっているならば、このことから他人と関わる頻度が異なってきたり、どのような人間と関係を持つかなどということも異なってくるからである。このために社会関係というのは医療福祉などといった分野においても研究されている事柄である。

関係と相互作用の形態[編集]

社会学的階層[1]
物理的な動きか 意味を持つか 他人に向けられたものか 応答を待っているか 特徴的で他にはない
相互作用
相互作用 偶発的、非計画的だが
繰り返される相互作用
定期的なものである 法律、慣習、伝統によって
記述された相互作用
社会的相互作用
スキーム
振舞い
(behavior)
Yes
行動・アクション Yes 恐らくYes
社会的態度
(Social behavior)
Yes No Yes
社会的行為
(Social action)
No Yes Yes No
社会的接触 Yes Yes Yes Yes Yes
社会的相互作用 Yes Yes Yes Yes Yes Yes
繰り返される相互作用 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
定期的な相互作用 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
規則化された相互作用 Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
社会関係
(Social relation)
Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes No

脚注[編集]

  1. ^ Sztompka, Piotr. 2002. Socjologia, Znak. 83-240-0218-9. p. 107.

外部リンク[編集]