磯貝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

磯貝 明(いそがい あきら、1954年10月19日 - )は、東京大学大学院の教授。静岡市清水区出身。

1980年東京大学農学部卒業。1985年同大学院で農学博士号取得。論文の題は「非水系セルロース溶剤を用いるセルロースエーテル類の調製とそれらの性状に関する研究」[1]。1994年東京大学准教授。2003年より教授。

現在は東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 製紙科学研究室(磯貝・齋藤・竹内研究室)の教授。

2015年にセルロースナノファイバーの製造技術の開発により、スウェーデンのマルクス・ヴァレンベリ賞を受賞[2]。2016年本田賞、2017年藤原賞受賞。

注釈[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる
  2. ^ MWP賞に日本人3教授のセルロースナノファイバー研究が受賞!(PDF文書)

外部リンク[編集]