磁場勾配パルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

磁場勾配パルス(じばこうばいパルス、: pulsed field gradient)は、人為的に空間依存磁場強度を持たせたパルスである。勾配は軸、強さ、形状、持続時間の4つの特徴によって同定される。

パルス磁場勾配(PFG)法は、核磁気共鳴画像法 (MRI) や空間選択的分光法、NMRを用いた拡散の研究において重要である。PFG法は現代的なNMR分光法において位相回しの代替手段として広く用いられている。

NMRにおける一般的な磁場勾配[編集]

スピンIについてz方向に不変な磁場勾配の効果は、角度γIGzでのz軸の周りの回転と考えられる(Gは勾配強度、γIはスピンIの磁気回転比)。これは磁化に位相因子を導入する。

Φ (z,τ) = γIzGτ

時間τの単位はミリ秒である。