石田雅彦 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石田 雅彦(いしだ まさひこ、1959年5月13日 - )は、日本の作家サイエンスライター編集者。 株式会社醍醐味エンタープライズ代表。横浜市立大学医学部大学院循環制御医学教室共同研究員。

略歴[編集]

北海道生まれ。沼津市立沼津高等学校法政大学経済学部、横浜市立大学大学院医学研究科医科学専攻修了、医科学修士(MMSc)。 株式会社近代映画社を経て独立、商業誌の編集長などを経験。編集プロダクション醍醐味エンタープライズ代表。

  • 1983年(昭和58年)4月、株式会社近代映画社入社、『月刊近代映画』編集部に配属される。菊池桃子、森高千里、後藤久美子など、女優、タレント、モデルなどの写真集、モータースポーツのFI関連の書籍写真集を企画編集する。
  • 1989年(平成元)年4月、有限会社醍醐味エンタープライズ設立、代表取締役。
  • 1990年(平成2)年2月、雑誌『カテゴリーフォーミュラF3000』(リイド社、1992年休刊)編集長。
  • 1990年(平成2)年4月、テレビ東京系『クルマ探偵団』レギュラー・メインキャスター(1991年3月まで)。
  • 1994年(平成6)年からフジテレビ系番組『料理の鉄人』シリーズ(扶桑社)の単行本企画制作に携わる(有限会社醍醐味エンタープライズ)。
  • 2006年(平成18)年3月、雑誌『韓国ドラマ通信』(ソフトバンク・クリエイティブ)編集長(2008年1月まで)。
  • 2011年(平成23)年9月、インターネット言論サイト「アゴラ」編集長(2015年10月まで)。
  • 2015年(平成27)年4月、横浜市立大学大学院医学研究科修士課程医科学専攻に入学(2017年3月修了)。
  • 2017年(平成29)年からインターネット上などで受動喫煙防止対策を含む多様なタバコ問題の記事を発表し始める[1]
  • 2018年(平成30)年4月、横浜市立大学大学院医学研究科博士課程医科学専攻に入学。

人物[編集]

現在は主にタバコ問題についての専門家として[2]記事をウェブ上のニュースサイトなどへ書き、タバコ関連の講演[3][4]やネット学習サイトの講師[5]などをしている。

個人では自然科学から社会科学まで取材の幅を広げ、雑誌や書籍、webも含む著述・編集・制作活動を行い、著名人著作の編集構成・ライティングも多い[6]。例えば『天然まんが家』(本宮ひろ志・著、集英社)、『俺の魂』(アントニオ猪木・著、あうん)、『成功への羅針盤』(広岡達郎・著、扶桑社)、『土俵の上から見た不思議なニッポン人』(旭鷲山・著、扶桑社)、『アサヒビール大逆転の発想』(飯塚昭男・著、扶桑社)、『太陽に賭ける』(堀江謙一・著、ベネッセ)、『人生大学』(大竹美喜・著、扶桑社)など。

とりわけ青色LEDを発明した中村修二氏の『怒りのブレイクスルー』(集英社)、『ごめん!』(ダイヤモンド社)、『負けてたまるか!』(朝日新聞社)、『日本の子どもを幸福にする23の提言 Look forward !』 (小学館)といった同氏主要著作の編集構成・取材ライティングをしている[7]

また、代表を務める編集プロダクション株式会社醍醐味エンタープライズの仕事として、ムック『Power Macこだわり指南』(日経BP社)、単行本『東京キスストーリー』(主婦と生活社)、単行本『たけしのコマ大数学科』(扶桑社)、など多数がある。 横浜市在住。

著書[編集]

  • 『恐竜大接近』(集英社、監修:小畠郁生、1993年)
  • 『チェッカーフラッグはまだか』(集英社、1999年)
  • 『遺伝子・ゲノム最前線』(扶桑社、監修:和田昭允、2002年)
  • 『ロボット・テクノロジーよ、日本を救え』(ポプラ社、2003年)
  • 『トリハダ』(扶桑社、ノベライズ、2009年)
  • 『座頭市 THE LAST』(扶桑社、ノベライズ、2010年)
  • 『季節の実用語』(アカシックライブラリー、2014)
  • 『TOKYOエアポート』(扶桑社、ノベライズ、2012年)
  • 『プレミアム戸建賃貸資産活用術』(ダイヤモンド社、2015年)
  • 『おんな城主 井伊直虎 その謎と魅力』(アスペクト、2016年)

論文[編集]

  • 自治体と地域保健医療における禁煙サポートの調査研究(修士学位論文、2017年)

出典[編集]

  1. ^ Yahoo!ニュース個人「石田雅彦」
  2. ^ 東洋経済ONLINE「加熱式たばこ「IQOS」有害物質9割減は本当か」
  3. ^ 北海道大学アンビシャス・リーダーズ・プログラム「市民に耳を傾けてもらうために〜タバコ問題から考える科学の態度と情報伝達スキル〜」
  4. ^ 2018年世界禁煙デー記念イベント「生き残りをはかるニコチン依存ビジネス」)
  5. ^ Schoo:先生一覧
  6. ^ 国立国会図書館:『恐竜大接近』(集英社、監修:小畠郁生、1993年)
  7. ^ ノーベル賞の中村修二さん 取材のたびにカメラマンが“困っていた”こととは? 週刊朝日 2014年10月24日号より

外部リンク[編集]