石橋勝久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いしばし かつひさ
石橋 勝久
生誕 (1954-07-06) 1954年7月6日(64歳)
愛知県碧南市
国籍 日本の旗 日本
出身校 武蔵野美術大学
職業 画家グラフィックデザイナー
受賞 第17回エンバ美術コンクール展国立国際美術館賞(1994年)
第2回和歌山大賞展ビエンナーレ大賞(1995年)
ABC美術コンクール大賞(1995年)
大阪トリエンナーレ1996-絵画 関西ドイツ文化センター・デュッセルドルフ市特別賞(1996年)など。

石橋勝久 (いしばし かつひさ、1954年7月6日 - )は、日本画家グラフィックデザイナー。初期(1990年代)フォトコラージュ、フォトモンタージュ作品でデビュー。ドイツ留学からの帰国後は油彩にて具象や抽象画を描く。大学、専門学校で非常勤講師を務める傍ら、ABC美術研究所を興す。

経歴[編集]

愛知県碧南市で出生後、武蔵野美術大学油絵学科卒業。高校卒業後芸術大学受験に失敗し、大阪の梅田画廊に採用され働くも、翌年上京し、フォルム美術研究所にてデッサンと油彩画を学ぶ。帰郷後、広告代理店・印刷会社・デザイン会社(ジャパングラフィックス株式会社)でグラフィックデザイナーとして働く。名古屋デザイナー学院(1995年~2007年)名古屋総合デザイン専門学校(1996年~2005年)名古屋芸術大学にて講師を勤める。 1994 年よりデザインの仕事の傍らコンピュータによるフォトコラージュ、フォトモンタージュ(写真、油彩、水彩、デッサン、3D などの素材をコンピュータで合成して印画紙に焼付け)作品を制作。1994年エンバ美術コンクール国立国際美術館賞をはじめに連続9回受賞する。1996年大阪トリエンナーレ1996̶絵画(関西ドイツ文化センターデュッセルドルフ特別賞)を受賞し、ドイツ留学。帰国後は東京、大阪、名古屋などで個展を開く。2009年に絵画教室ABC美術研究所を愛知県岡崎市に開設。

人物[編集]

藤井達吉(大正から昭和の工芸家)も同郷(愛知県碧南市)であり、美術に対する考え方、見方などから多くを学んだ。碧南市藤井達吉現代美術館での《それぞれのスピリッツ展》を企画・展覧している。

関わった人物[編集]

木村重信(美術史家・美術評論家、国立国際美術館館長・兵庫県立美術館館長) 永島卓(碧南市長)

好きな美術作品[編集]

・収穫(ヴァン ゴッホ)・農園(ホアン ミロ)・源氏物語絵巻楓図壁貼付(長谷川等伯)・日月四季花鳥図屏風裸婦 饗宴(長谷川利行)

主な展覧会(個展)[編集]

  • 1976  8号室 (名古屋)
  • 1983 アトリエ (碧南)
  • 1984 ラブコレクションギャラリー (名古屋)
  • 1985 柴舟画廊 (刈谷)
  • 1995 ラブコレクションギャラリー (名古屋)
  • 1996 信濃橋画廊 (大阪)

      ガレリアグラフィカ (東京)

  • 1997 信濃橋画廊 (大阪)

      Kunstraum Dusseldolf (ドイツ デュッセルドルフ)

  • 1998 ギャラリーA・C・S (名古屋)
  • 2003 ギャラリー141 (名古屋)  

      ギャラリー上三条 (奈良)

  • 2005 ギャラリー141 (名古屋)
  • 2010 CASO 海岸通りギャラリー (大阪)
  • 2011 THE BLUE BOX ギャラリー (岡崎)
  • 2014  ギャラリーcreate 洛 (京都)
  • 2015  ギャラリーcreate 洛 (京都)

主な展覧会(グループ展)[編集]

  • 1984 第6 回中日展 (名古屋市博物館 愛知)
  • 1985 第7 回中日展 (名古屋市博物館 愛知)

      国際青年年平和国際青年美術家展 (ポーランド)

  • 1989 第5回吉原治良賞美術コンクール (大阪府立現代美術センター)

      第11回中日展 (名古屋市博物館 愛知)

  • 1990 第12回中日展 (名古屋市博物館 愛知)
  • 1994 第17回エンバ美術コンクール展 (エンバ中国近代美術館 兵庫)
  • 1995 第8回吉原治良賞美術コンクール (大阪府立現代美術センター 大阪)

      第2回和歌山大賞展ビエンナーレ(和歌山県民ギャラリー 和歌山)

      現代写真芸術の拡大 ‘95 岡田修二、石橋勝久展 (ラブコレクションギャラリー 名古屋)

      5人のアーティストの方法と展開 (ラブコレクションギャラリー 名古屋)

      吉原治良賞展の5人展 (信濃橋画廊 大阪)

      第6回TAMON賞展 (柏市民ギャラリー 千葉)

      第24回現代日本美術展 (東京都美術館・京都市美術館)

      ‘95ABC美術コンクール (ABCギャラリー 大阪)

      ART3人展(ギャラリー坂角 名古屋)

  • 1996 第5回青木繁記念大賞展 (石橋美術館 久留米・郡山市立美術館 福島)

      第25回現代日本美術展 (東京都美術館・京都市美術館)

      第12回現代日本絵画展 (宇部市文化会館 山口)

      大阪トリエンナーレ1996-絵画 (マイドーム大阪 大阪)

  • 1997 ANNUAL SHOW (ガレリアグラフィカ 東京)
  • 1998 第4回小磯良平大賞展 (小磯良平記念美術館 兵庫)__
  • 1999 WAVE1 (グランドギャラリー 大阪)

      第28回現代日本美術展 (東京都美術館・京都市美術館)

      第13回美浜美術展 (福井)

      ホルベインスカラシップ

  • 2000 第9回青木繁記念大賞展 (石橋美術館 久留米・郡山市立美術館 福島)

      第18回上野の森美術館大賞展(上野の森美術館 東京)

      第14回美浜美術展 福井

      第5回小磯良平大賞展 (小磯良平記念美術館 兵庫

      第4回フラッグアート2000 (岐阜)

  • 2001 大阪トリエンナーレ2001 (海岸通りギャラリー 大阪)

      第3回雪梁舎フィレンツェ賞展(雪梁舎美術館 新潟)

      環境と都市の美術展(新潟市民芸術文化会館 新潟) 

  • 2003 中部総合美術展(愛知県美術館 名古屋)
  • 2004 現代美術の視覚展 (三重県立美術館 津)

      中部総合美術展(愛知県美術館 名古屋)

  • 2005 愛・地球博パートナーシップ事業 (イサムアートギャラリー 名古屋)

      21世紀のメッセージ作家の視点 あさご芸術の森美術館

      中部総合美術展 名古屋

  • 2006 石黒鉦二と仲間たち展 ギャラリー名芳洞(名古屋)

      中部総合美術展

  • 2008 第4回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 豊橋市美術博物館

      中部総合美術展

  • 2009 HEKINAN から それぞれのスピリッツ展
  • 2010 HEKINAN から それぞれのスピリッツ展Ⅱ
  • 2011 HEKINAN から それぞれのスピリッツ展Ⅲ

      第2回青木繁記念大賞西日本美術展  石橋美術館

      第5回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 豊橋市美術博物館

  • 2012 HEKINAN から それぞれのスピリッツ展Ⅳ 碧南市藤井達吉現代美術館 ヨス万博(韓国)
  • 2013 HEKINAN から それぞれのスピリッツ展V  碧南市藤井達吉現代美術館


受賞[編集]

  • 1994 第17 回エンバ美術コンクール展  国立国際美術館賞(エンバ美術館 兵庫)
  • 1995 第8回吉原治良賞美術コンクール  優秀賞(大阪府立現代美術センター 大阪) 

       第2回和歌山大賞展ビエンナーレ  大賞

      第6回TAMON賞展       優秀賞

      ‘95ABC美術コンクール      大賞

  • 1996 第5回青木繁記念大賞展      奨励賞

      大阪トリエンナーレ1996-絵画 

      関西ドイツ文化センター・デュッセルドルフ市特別賞

  • 1999 第13 回美浜美術展        FBC賞
  • 2000 第14 回美浜美術展        準大賞
  • 1994 第17 回エンバ美術コンクール展  国立国際美術館賞(エンバ美術館 兵庫)
  • 1995 第8回吉原治良賞美術コンクール  優秀賞(大阪府立現代美術センター 大阪)

      第2回和歌山大賞展ビエンナーレ  大賞

      第6回TAMON賞展       優秀賞

     ‘95ABC美術コンクール      大賞

  • 1996 第5回青木繁記念大賞展      奨励賞

      大阪トリエンナーレ1996-絵画  関西ドイツ文化センター・デュッセルドルフ市特別賞

  • 1999 第13 回美浜美術展        FBC賞
  • 2000 第14 回美浜美術展        準大賞


脚注[編集]

外部リンク[編集]