石井謹吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石井謹吾

石井 謹吾(いしい きんご、1877年(明治10年)10月22日[1] - 1925年(大正14年)9月2日[2])は、埼玉県出身の政治家実業家弁護士内務官僚

経歴[編集]

文官高等試験行政科に合格し、1899年(明治32年)に明治法律学校を中退。

内務省に入省し、地方局に配属。滋賀県事務官・第二部長[3]秋田県群馬県の内務部長などを歴任し、1913年(大正2年)に退官。

後に弁護士を開業し、高等裁判所判事などにも就任。一方で、実業家として東印拓殖、南洋興業の社長などを務めた。

1924年(大正13年)、衆議院議員立憲政友会)。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『新撰大人名辭典』(平凡社 1937)