石丸重治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石丸 重治(いしまる じゅうじ、1902年明治35年)5月12日 - 1968年昭和43年)12月12日)は、美術評論家慶應義塾大学教授(法科)。

略歴[編集]

島根県出身。叔父に柳宗悦。府立一中(現・東京都立日比谷高等学校)を経て、1927年慶應義塾大学英文科卒業。府立一中時代は小林秀雄西竹一(バロン西)、迫水久常と同期であった。一中時代には「青銅時代」を創刊するなど、この頃から評論に携わっていた。小林秀雄などとは、同人誌「山繭」を主宰、また柳宗悦[1]吉田璋也河井寛次郎らの民藝運動に初期には関わっている。

美術評論家として知られ、主な著作に『英国の工芸』(工政會出版部、1930年)、『英国教会本寺考』(好學社、1953年)。評伝には、『回想の石丸重治』(佐藤朔編、三田文学ライブラリー700部限定、1969年)がある。

慶大塾長(1946年 - 1947年)及び文部大臣1947年)を務めた高橋誠一郎秘書官に就いた。 慶大野球部部長及び日本学生野球協会副会長として、東京六大学野球発展にも尽力した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 石丸は柳の甥。
  2. ^ Keio Baseball - 慶應義塾体育会野球部”. 2013年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。