石の微笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石の微笑
La Demoiselle d'honneur
監督 クロード・シャブロル
脚本 クロード・シャブロル
ピエール・レシア
原作 ルース・レンデル
音楽 マチュー・シャブロル
撮影 エドゥアルド・セラ
公開 フランスの旗 2004年11月17日
ドイツの旗 2005年1月6日
日本の旗 2007年9月18日
上映時間 111分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

石の微笑』(原題: La Demoiselle d'honneur、英題: The Bridesmaid)は2004年フランスドイツの合作映画。R-15指定。原作はルース・レンデルの小説。

ストーリー[編集]

25歳のナイーブな青年フィリップは、妹の結婚式で美しく謎めいた女性センタと出会う。二人は恋に落ちるが、センタは愛の証としてお互いに、詩を書く、木を植える、同性とセックスをする、そして殺人を犯すことを要求する。軽く受け流したフィリップだったが、センタは本気で…。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]