矢島里佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢島 里佳(やじま りか、1988年7月24日 - )は、日本実業家。 職人の技術と地方の魅力に惹かれ、19歳の頃から日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、2011年慶應義塾大学法学部政治学科卒業と同時に株式会社和えるを設立。

幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出するべく、子どもたちの日常品を日本全国の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げる。また、職人の技術を用いたオリジナル商品・イベント企画、講演会やセミナー講師、雑誌の連載、書籍出版など、和のコンシェルジュとして幅広く活躍している。

来歴[編集]

  • 2007年 - TVチャンピオン2「なでしこ礼儀作法王選手権」優勝[1]
  • 2009年 - ふくいブランド大使就任
  • 2009年 - 徳島活性化コンテスト - 奨励賞受賞
  • 2009年 - 2009キャンパスベンチャーグランプリ 東京産業人クラブ賞受賞[2]
  • 2010年 - 学生起業家選手権 優勝[3]
  • 2010年 - 日本・中国青年親善交流事業派遣団員に選出・日本代表青年として中国へ渡航(内閣府)[4]
  • 2011年 - 週刊朝日『なでしこりかの至福の一品』連載(朝日新聞出版)
  • 2011年 - 学生起業家輩出プロジェクト「K-POWERS Business Brain」学生審査最優秀賞受賞[5]
  • 2011年 - 第4回鯖江地域活性化プランコンテスト - 優勝、オーディエンス賞のダブル受賞[6]
  • 2011年 - 慶應義塾大学大学院在学中に起業 株式会社和える設立
  • 2011年 - 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 修士課程入学
  • 2013年 - 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 修士課程卒業
  • 2015年6月22日 - 日本政策投資銀行(DBJ)主催 第4回女性新ビジネスプランコンペティション、グランプリ(女性起業大賞)[7]
  • 2015年11月7日 - 京都にaeru gojoをオープン

出演[編集]

受賞[編集]

  • 2009年 徳島活性化コンテスト 奨励賞
  • 2009年 キャンパスベンチャーグランプリ 東京産業人クラブ賞
  • 2011年 第4回鯖江地域活性化プランコンテスト 優勝/オーディエンス賞(ダブル受賞)
  • 2011年 学生起業家輩出プロジェクト「K-POWERS Business Brain」学生審査最優秀賞
  • 2015年6月22日 日本政策投資銀行(DBJ)主催 第4回女性新ビジネスプランコンペティション、グランプリ(女性起業大賞)

書籍[編集]

  • 2008年3月21日 『やばい!戦略的AO入試マニュアル』(ゴマブックス)
  • 2008年6月18日 『AO(FIT)入試で慶応大学法学部に合格する!! 』(エール出版社)
  • 2011年4月28日 『その常識もしかして非常識?! 自分を魅せる本当のマナー』(高陵社書店)
  • 2014年7月17日 『和える-aeru-』(早川書房)

2017年5月 『やりがいから考える自分らしい働き方』(早川書房)

脚注[編集]

外部リンク[編集]