真野頼包

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真野 頼包(まの よりかね、生没年不詳)は、江戸時代初期の武将真野助宗の子。大橋長将の子で助宗の養子となった説もある。蔵人、豊後守。弟に祖父江定翰。子に青柳(木村重成室)。

家系は後醍醐源氏後醍醐天皇の皇子の宗良親王)の裔といわれる。父の助宗に七手組頭として豊臣秀吉に仕え、その後を継ぎ3,000石を領した。大坂冬の陣では惣構鰻谷橋を守備し、大坂夏の陣では天王寺・岡山の戦いで活躍し毛利勝永大野治房を援護したが敗れ、戦後に伊木遠雄と刺し違えて死んだとも、藤堂高虎に1,200石で召抱えられほどなく病没したとも言われている。また、尾張藩徳川家に仕え明暦元年(1655年)に没したという説もある。

大坂冬の陣の直前、木村重成の器量に惚れて娘の青柳を妻にと願った。重成は戦場で散ることだけを考えていたため一旦は断ったが、頼包が冥土に一人で行かせるような娘ではないと言ったことに感じ入り妻に迎えた。そして、頼包の言の通り青柳は出陣前夜に自害したと言われる。一方他説では、大坂城落城後、縁者を頼り近江国蒲生郡馬淵村に落ち、男子を産んだのちに剃髪し、その翌年の重成の命日に持仏堂で自害して果てたとも言われている。馬淵村は近江商人を輩出し、大坂の近江系商人の木村姓の大半は重成の子孫であると言われる。