真藤英喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真藤 英喜(しんどう ひでき、1966年8月6日 - )は、日本の教育学者随筆家。専攻は、教育学・日本人論。大和大学准教授[1] 、企画事務室長。

経歴[編集]

1966年、京都府に生まれる。1985年、滋賀県立膳所高等学校卒。1989年、大阪教育大学教育学部卒。西大和学園中学校・高等学校国語科教諭、白鳳女子短期大学准教授を経て、大和大学の設置準備に携わり、現在、大和大学准教授、企画事務室長。滋賀県草津市在住。

人物[編集]

膳所高校時代はラグビー班で活躍。教育者として教壇に立つ傍ら、1999年9月~2009年1月の間、奈良新聞に随筆連載。2010年2月、随筆「日本人再発見」を出版。題字は、親交のある俳優・画家片岡鶴太郎が揮毫。墨彩画家として著名な片岡の個展にも同著が並ぶなど親交は深い。

著書・講演[編集]

  • 2000年 「国際人間学入門」春風社、共著、山折哲雄
  • 2003年 奈良県社会教育センターにて講演「日本社会と日本人の課題」
  • 2005年 田原本町教育委員会にて講演「今、日本人に求められるもの」
  • 2010年 「日本人再発見」奈良新聞社、単著

関連人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]