真玉海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真玉海岸(またまかいがん)は、大分県豊後高田市臼野にある、周防灘に面した海岸である。国東半島の西側の付け根に位置し西方に開けているため、夕陽の美しさで知られ、日本の夕陽百選に選定されるとともに、おおいた遺産にも「真玉海岸の夕陽」として選定されている。

地理[編集]

遠浅の海岸で、南部では干拓も行われているものの、真玉川以北には天然の干潟が残る。大分県は九州の東岸に位置するため夕陽を眺望できる海岸は数少ないが、真玉海岸は潮汐によって干潟に生み出される縞模様に夕陽が照り映える美しい夕景で知られている。

また、春はマテガイなどの潮干狩りで、夏は海水浴場としてもにぎわう。

交通[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度37分20.7秒 東経131度28分23.0秒 / 北緯33.622417度 東経131.473056度 / 33.622417; 131.473056