相川久太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相川久太郎

相川 久太郎(あいかわ きゅうたろう、元治元年8月15日[1]1864年9月15日) - 大正15年(1926年2月21日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。弁護士

経歴[編集]

加賀国江沼郡東谷口村(現在の石川県加賀市)に山口庄助の二男として生まれ、相川家の養子となった[3][4]。東京で法律学を学び、弁護士試験に合格[4]。法律事務所を開業した。また、石川県会議員に選出された[3]

1890年(明治43年)、第1回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第11回衆議院議員総選挙で再選された。

その他、石動電気株式会社取締役、能登電気株式会社監査役、飛越電気株式会社監査役を務めた[4]

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第30回帝国議会衆議院議員名簿』、1913年。
  2. ^ 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b 衆議院議員略歴 1940.
  4. ^ a b c 摂政宮殿下御統監北陸大演習行啓記念史 1925.

参考文献[編集]

  • 『摂政宮殿下御統監北陸大演習行啓記念史』 東京毎日新聞社、1925年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局、1940年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年